【ヤクルト】村上抹消の代役4番サンタナが先制打「ランナーをかえすことだけ考え」

【ヤクルト】村上抹消の代役4番サンタナが先制打「ランナーをかえすことだけ考え」

  • 日刊スポーツ(野球)
  • 更新日:2022/08/06
No image

1回裏ヤクルト2死二塁、先制の右前適時打を放つサンタナ。投手直江(撮影・鈴木みどり)

<ヤクルト-巨人>◇6日◇神宮

ヤクルトは代役4番のサンタナが先制打を放った。

特例2022で登録抹消となった村上宗隆内野手に代わり「4番右翼」で先発。1回2死二塁、巨人先発直江に対しフルカウントからの7球目、外角134キロフォークをしぶとく右前へ運んだ。「先制のチャンスだったのでランナーをかえすことだけを考えて打席に入りました。追い込まれていたのでコンパクトに打ちました」と振り返った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加