単独首位浮上の稲見萌寧 3日目以降へ「耐えるところは耐えて伸ばしていきたい」

単独首位浮上の稲見萌寧 3日目以降へ「耐えるところは耐えて伸ばしていきたい」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/06/13
No image

笑顔でラウンドする稲見萌寧

「女子ゴルフ・宮里藍サントリー・レディース・第2日」(11日、六甲国際GC=パー72)

2位から出た稲見萌寧(21)=都築電気=が4バーディー、ボギーなしの68で回り、通算10アンダーで単独首位に浮上した。

インから出た稲見は、12番で残り82ヤードの第3打を52度でピン左手前1・5メートルにピタリとつけてバーディー先行。15番も残り105ヤードをPWで1・5メートルに乗せてスコアを伸ばした。

折り返してからも抜群の安定感を発揮。3番で2メートル、6番で3メートルのバーディーパットを沈め、ボギーなしの68をマークした。今季は既に5勝を挙げ、抜きん出た強さを見せているが、今週もしっかりとVチャンスを築いた。

「ここ2日間ノーボギーで回れたことはすごくよかったと思います。明日からはお天気があまりよくないそうですので、耐えるとこは耐えて、なるべく伸ばしていきたい」と決勝ラウンドを見据えた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加