オーディオテクニカ、ハイレゾ対応メディアプレーヤー『AT-HRP5』を11月10日に発売

オーディオテクニカ、ハイレゾ対応メディアプレーヤー『AT-HRP5』を11月10日に発売

  • レスポンス
  • 更新日:2020/10/18
No image

AT-HRP5

もっと画像を見る
オーディオテクニカは、車載専用のメディアプレーヤーという新たなカテゴリーで、ハイレゾ対応したメディアプレーヤーの『AT-HRP5』の発売日を11月10日と決定した。

大阪オートメッセ2019で発表し、同年夏の発売を予定していたが、開発上の課題により発売が延期となっていた。

オーディオテクニカによると、最近のオーディオでは、ハイレゾなどの高音質な音源が充実し、自動車内でも良い音で音楽や映像を楽しみたいというニーズが増えているという。オーディオテクニカではそのような需要に応え、ホームオーディオやマイクロホンで培ってきたノウハウと技術を応用し、カーオーディオ環境をブラッシュアップする製品を販売している。

AT-HRP5は、音声や映像を高音質で楽しむだけでなく、直感的に使える操作性も特徴だ。本製品と接続した車載モニターには、DAPライクに作られたオリジナルのインターフェイスが表示され、操作は付属のリモコンから行うことができる。リモコンはボタン数を減らし、使いやすいシンプルな設計をめざした。

音声ファイル形式はPCM32~384kHz/24bit、DSD64・DSD128のほか、FLAC、ALAC、WAV、MP3、DSF、DFF、AAC、APE、OGG、M4Aに対応だ。映像ファイル形式はAVI、MKV、MP4、MOV、M4V、FLVに対応可能となっている。

接続は、RCAケーブルやHDMIケーブルでシンプルに車載モニターとつなげられるほか、S/PDIF出力(COAXIAL・OPTICAL)でデジタル入力対応機器にも接続することが可能だ。USBケーブルで『AT-HRD1』『AT-HRD5』『AT-HRD500』などのデジタルトランスポートD/Aコンバーターと接続すれば、より良い音で音声や映像を楽しめる。さらに、10バンドのイコライザー機能を搭載し、お好みやジャンルに合わせた音質を選べる。

メーカー希望小売価格は9万5000円(税抜)。

高木啓

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加