DeNAがデータ勝負で勝率5割復帰 中日・大野雄と好相性の神里&楠本先発起用に番長は自画自賛

DeNAがデータ勝負で勝率5割復帰 中日・大野雄と好相性の神里&楠本先発起用に番長は自画自賛

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2022/08/07

◇セ・リーグ DeNA4―2中日(2022年8月5日 バンテリンD)

No image

<中・D>3回、楠本の先制適時打で生還した神里(右)を迎える三浦監督(撮影・椎名 航)

DeNAは三浦監督の好采配で勝率5割復帰。「そこです。そこで今日はスタメンで使いました。相手との相性もあった」と自画自賛したのは、神里と楠本の先発起用だ。

正外野手ではない左打者の2人だが、過去2年の左腕・大野雄との対戦成績は神里が打率・385(13打数5安打)で、楠本が同5割(4打数2安打)と相性の良さが光る。

3回、先頭の神里が遊撃内野安打で出塁し、続く2死一、二塁から楠本の左前適時打で先制した。神里は、5回にも先頭で左越え三塁打とチャンスメークし、2点目も踏んだ。相手エースを早々に攻略し、6試合ぶりに借金完済。うなずく指揮官は「ここから勢いに乗らないと」と続けた。(大木 穂高)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加