広島が泥沼の7連敗で5位転落 後半戦初勝利遠く本拠地ため息 大瀬良は5戦未勝利

広島が泥沼の7連敗で5位転落 後半戦初勝利遠く本拠地ため息 大瀬良は5戦未勝利

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2022/08/07
No image

8回、空振り三振に倒れるマクブルーム(撮影・立川洋一郎)

「広島2-3阪神」(5日、マツダスタジアム)

広島が競り負け、今季初の7連敗。巨人が勝ち、5位に転落した。

1点が届かなかった。1点を追う八回は安打と相手の失策で無死一、二塁の好機を迎えたが、秋山、マクブルーム、坂倉が凡退。本拠地にため息がこだました。

先発の大瀬良はまたも勝ち星をつかめなかった。5回3失点とビハインドの状況でマウンドを降り、8勝目はならず。これで登板5試合連続で未勝利となった。六回以降はリリーフ陣が無失点でしのいだが、主導権を取り返せなかった。

巨人が勝ったため、5位転落。後半戦は0勝6敗と厳しい戦いが続いている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加