DeNA・大和、激痛に耐えて犠飛 貴重な追加点を呼び込む

DeNA・大和、激痛に耐えて犠飛 貴重な追加点を呼び込む

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2020/09/16
No image

4回、自打球が左膝付近に当たる大和(撮影・開出牧)

「ヤクルト-DeNA」(15日、神宮球場)

「8番・二塁」でスタメン出場したDeNA・大和にアクシデントが起こった。

1点リードの四回、1死一、三塁の場面。内角球をスイングした際、自打球が左膝付近に直撃。しばらく立ち上がれず、コーチとトレーナーに両脇を抱えられベンチへ下がった。

だが、治療を行い、拍手を浴びてベンチから出てきた。カウント2-2から再開。3-2とした後、左翼へきっちり犠飛を放ち追加点を挙げた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加