G大阪、終盤の得点で浦和に逆転勝利...優勝に望み繋ぎ次節は川崎Fとの直接対決へ

G大阪、終盤の得点で浦和に逆転勝利...優勝に望み繋ぎ次節は川崎Fとの直接対決へ

  • サッカーキング
  • 更新日:2020/11/22
No image

G大阪が浦和に逆転勝利を飾った

明治安田生命J1リーグ第28節が行われ、浦和レッズとガンバ大阪が対戦した。

前節ベガルタ仙台に大敗を喫したG大阪は、引き分け以下で首位川崎フロンターレのJ1優勝を許してしまう状況。一方の浦和もACL出場権獲得となる3位以内へ浮上する可能性が残されており、注目が集まる一戦となった。

試合は序盤から互いに一進一退の攻防を見せ、なかなか決定機が生まれない展開に。しかし最初にチャンスを作ったのはホームの浦和だった。27分、自陣から細かいパスワークでG大阪の守備陣を突破し、ボールは前線で動き出したFW興梠慎三へ。興梠はペナルティエリア左へ進入し左足でシュートを放つも、GK東口順昭がセーブを見せ得点を許さない。

G大阪のチャンスは40分。FW宇佐美貴史の左CKから浦和の選手がクリアを試みると、ボールは右のポスト叩く。宇佐美は43分にもCKの流れから、敵陣深くの左サイドから右足でミドルシュート。しかしG大阪も得点には至らず。前半は互いにスコアレスで折り返す。

迎えた後半、先にシュートを放ったのは浦和。47分、相手のパスミスを拾ったFWレオナルドが、敵陣ペナルティエリア左から中央マイナス方向へパス。これに反応したMF長澤和輝がダイレクトでミドルシュートを放つと、ボールはバーを直撃した。浦和は56分にも、レオナルドが相手ペナルティエリア中央手前から右足でシュート。しかしこれもゴールには至らない。

それでも、先制したのは浦和だった。62分、右CKからのショートコーナーを受けたDF山中亮輔が、左足でゴール前へインスイングのクロス。これをDFトーマス・デンがヘディングでゴール前へ丁寧に折り返すと、中央で待っていたDF槙野智章が右足で押し込んだ。

先制を許したG大阪も、その5分後に反撃。敵陣深く左サイドからDF藤春廣輝が左足でクロスを送ると、こぼれ球に反応したMF川崎修平がシュートを放つ。これは相手DFにブロックされるが、混戦の中からボールを拾った宇佐美が右足で低く鋭いシュートを放った。これがゴール左へ突き刺さり、試合は振り出しに戻る。

そして迎えた81分、G大阪はCKからMF山本悠樹がインスイングのボールを供給すると、DF高尾瑠が高い打点のヘディングでゴールネットを揺らした。G大阪が逆転に成功する。

同点に追いつきたい浦和は、後半アディショナルタイムにFW杉本健勇が抜け出しシュートを放つも、東口がセーブを見せゴールとはならず。

結局試合は1ー2で終了。今節の川崎F優勝を阻止したG大阪は、次節アウェイでその川崎Fとの直接対決を迎える。一方、敗れた浦和はアウェイで鹿島アントラーズと対戦する。

【スコア】
浦和レッズ 1ー2 ガンバ大阪

【得点者】
1ー0 62分 槙野智章(浦和レッズ)
1ー1 66分 宇佐美貴史(ガンバ大阪)
1ー2 81分 高尾瑠(ガンバ大阪)

サッカーキング

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加