記者まちかど探訪 柿生に「悪魔ソース」自販機 7月から駐車場前に設置〈川崎市麻生区〉

記者まちかど探訪 柿生に「悪魔ソース」自販機 7月から駐車場前に設置〈川崎市麻生区〉

  • タウンニュース
  • 更新日:2022/08/06

柿生にある三井のリパーク柿生駅前第2駐車場の前に、7月から珍しい自動販売機が設置された。『悪魔のホットソース』というキャッチコピーの「スリラチャソース」だけを販売している、川崎市では唯一、神奈川県内でも4カ所にしかない自動販売機だ(8月2日時点)。

スリラチャソースは、シラチャーソースとも呼ばれ、テレビなどでも度々タレントが紹介しているタイ発祥のニンニク仕立てのホットソース。アメリカでは爆発的な人気を博しており、スーパーや飲食店などでも調味料の一部として並べられ、ハンバーガーやピザなど何にでもあう万能ソースだという。

この自販機を手掛けているのは(株)スリラチャ=岐阜県。現在全国で自販機を展開し、110カ所に設置している。

「三井のリパーク」を運営する三井不動産リアルティ(株)は、同駐車場に元々飲料メーカーの自販機を設置していた。スリラチャ社から「海外では家庭や飲食店に当たり前に常備されているメジャーな万能ソースをより多くの方に知って食べてもらいたい」との思いを聞き、同社が「ソースの存在を知っていただく看板として、コロナ禍の今だからこそ、非接触で販売可能な自販機がお客様のニーズに合うのでは」と設置を決めた。

駐車場の近隣店舗で話を聞くと、珍しさからか写真を撮る人の姿をよく見掛けるという。70代の男性は「辛いのが苦手なので、1本700円は買うのに勇気がいる」と苦笑する。実際に買って食べたという美容室の女性は「美味しかった。買うと説明書も付いていて、何にでも合うと書いてあったので、キュウリにつけて食べた」と感想を語る。続けて「地元にこういうユニークな自販機があると面白くていい」と話した。

No image

ソースのみを販売している自販機

タウンニュース麻生区版

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加