「気象予報はチーム戦」...『おかえりモネ』50話

「気象予報はチーム戦」...『おかえりモネ』50話

  • RBB TODAY
  • 更新日:2021/07/22
No image

『おかえりモネ』50話 (c)NHK

もっと画像を見る
天気予報チームの一人でやる気満々に見える神野マリアンナ莉子(今田美桜)も、疑問を抱えながら仕事をしていた。莉子の出番は、中継先から今日は寒い、あるいは暖かい、桜が咲いたなど肌感覚の情報を視聴者の目線で伝えるのも役割。しかし「必要なことなのわはわかってるんだけど、なんかね……その情報いる?って思っちゃう時があるんだよね」と莉子は百音(清原果耶)つぶやく。

そんな時、コーナーの枠が急に2分以上伸びることに。前日は社会部の事件で天気予報がほとんどとんだのに、今度は時間が余ってしまった。

その間にも仙台では強風の危機が迫っていた。朝岡(西島秀俊)はスタッフを集め、こう話す。

「天気は瞬間瞬間で変わる。現に、この10分15分で突風が吹くだろうと我々には読めている。でもまだ公式には出せない。そんな時私達はどうやって伝える?」「その時に風が吹くかもしれない。注意してほしいと言えるのが、あなたです」

朝岡は神野マリアンナ莉子(今田美桜)に告げる。

放送がスタートすると、百音(清原果耶)は、社長の安西(井上順)から渡されていたパペットを駆使し、莉子(今田美桜)と連携して放送にのぞむ。

時を同じくして、仙台市に暴風警報が発令される。50話では、朝岡(西島秀俊)の指揮のもと、危険をいち早く伝えることができ、百音は「気象予報はチーム戦」だということを実感する。そして、自社キャラクターのパペットが活躍して喜ぶ社長から、あることが百音に伝えられる。

RBB TODAY

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加