田中聖被告「間違いありません」初公判で起訴事実認める 執行猶予中に再び覚醒剤使用

田中聖被告「間違いありません」初公判で起訴事実認める 執行猶予中に再び覚醒剤使用

  • 日刊スポーツ(エンタメ)
  • 更新日:2022/09/23
No image

千葉地裁松戸支部に入る、田中聖被告を乗せたと思われる車(画像は一部加工)

覚醒剤取締法違反(使用、所持)の罪に問われたアイドルグループ「KAT-TUN」の元メンバー田中聖被告(36)の初公判が22日、千葉地裁松戸支部で行われた。田中被告は「間違いありません」と起訴事実を認めた。

襟が隠れるくらいの長さの黒髪に黒系のスーツとネクタイ、丸眼鏡をかけた田中被告はしっかりと頭を下げてから入廷。裁判長から職業を聞かれると「動画編集業です」と答えた。

起訴状などによると6月28日ごろ、千葉県柏市の自宅で覚醒剤少量をガラスパイプで加熱し気化させて吸引、翌29日にJR柏駅付近で覚醒剤を所持した疑いで現行犯逮捕された。「家に置いておくと家族に見つかるので自分で持って外出した」という。この日に覚醒剤約0・062グラムを所持したとしている。

検察側の冒頭陳述などによると、逮捕前の6月20日には、覚醒剤取締法違反(使用、所持)などの罪で名古屋地裁から懲役1年8月、執行猶予3年の判決を受けていた。だが、判決2日後ごろから再び覚醒剤を使用。覚醒剤は「1年くらい前から月に5、6回」、大麻も5年くらい前から使用したと指摘された。

田中被告は約30分の公判中のほとんどは静かに前を向いており、表情を変えることはなかった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加