【J1採点&寸評】名古屋3-1湘南|流動的なアタッカー陣を高評価!最高殊勲は第一子誕生を自らのゴールで祝ったテクニシャン

【J1採点&寸評】名古屋3-1湘南|流動的なアタッカー陣を高評価!最高殊勲は第一子誕生を自らのゴールで祝ったテクニシャン

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2020/11/22
No image

【警告】名古屋=なし 湘南=舘(68分) 【退場】名古屋=なし 湘南FC=なし 【MAN OF THE MATCH】ガブリエル・シャビエル(名古屋)

No image

【警告】名古屋=なし 湘南=舘(68分) 【退場】名古屋=なし 湘南FC=なし 【MAN OF THE MATCH】ガブリエル・シャビエル(名古屋)

[J1リーグ28節]名古屋3-1湘南/11月21日(土)/豊田ス

【チーム採点・寸評】
名古屋 6.5
先制されて追いつかれた前半も、後半勝負の作戦がはまって一気に勝負をつけた。相手のスタイルと用意した戦術が噛み合い、決定機もきっちり決めて快勝を収める。

【名古屋|採点・寸評】
GK
1 ランゲラック 6
相手の決定機は数えるほどで、それもセービングにかかる範囲にはなかった。全体としてのポゼッションにもしっかり加わり、安定感のあるゴール前を保った。

DF
34 オ・ジェソク 6.5
アグレッシブに駆け上がってくる相手のサイド攻撃に蓋をし、頑健な攻守で手堅い試合を下支え。右でも左同様の躍動感をしっかり見せた。

4 中谷進之介 6.5
人に強く行く守備では湘南の気迫を押し返し、起点となるFWへのプレッシャーも非常に速かった。ポゼッションでの判断力も正確で、相手の体力を削るボールキープにしっかりと参加。
3 丸山祐市 6.5
ペナルティエリアに侵入しようとする相手アタッカーの目論見を着実に潰し、ロングパスでも前に出てくる湘南の嫌なところを突き続けた。

23 吉田 豊 6.5
コロコロと入れ替わる眼前のサイドハーフたちの特徴を生かしつつ、ボールを安全地帯に運んでいく推進力も見事。相手ペナルティエリア付近へのオーバーラップも豊富だった。

MF
25 前田直輝 6.5
決定機こそ決められなかったが、動きの多い前線を機動力とボール保持の巧みさで支えた。阿部の得点も良いダイアゴナルランからアシストし、十分な活躍を見せた。

15 稲垣 祥 6.5
インターセプトが特に目立ち、そのポジショニングと駆け引きの妙が光った一戦。フィジカルと機動力に優れる相手にその勝負で一歩も引かず、中盤の防波堤となっていた。
MF
2 米本拓司 6.5
攻守のつなぎ、縦パスにも良いものを見せたが、セカンドボール争いでもポジション取りとファイトする部分でアドバンテージを握り続けた。

16 マテウス 7
相手の不意を突くような先制点に始まり、ボールを奪われず前に運んでいってしまう個の能力で試合の支配者の一人となった。ドリブル、トリッキーなプレーでも魅せた。

FW
MAN OF THE MATCH
10 ガブリエル・シャビエル 7(79分OUT)
前日に第一子誕生を受け、それを自ら祝う追加点を華麗なボレーシュートから仕留めた。阿部との流動的な連係にはスムーズさも出てきた印象で、ゲームメイク力も存分に発揮した。

11 阿部浩之 6.5 (68分OUT)
1トップとしてディフェンスラインとの駆け引きだけでなく、良い崩しを決勝点にまとめる流石の仕事を見せた。よりFW的な役割を彼が担うことで、FW不在の名古屋は闘える。
交代出場
MF
27 相馬勇紀 6(68分IN)
3得点目が決まり、増えてきた敵陣スペースを突き続けたが、やや判断が遅く周囲との連係はそこそこ。パスレシーブの力は高いだけに、一気にカウンターを決定機に変える仕事が今後の課題か。

DF
26 成瀬竣平 6(79分IN)
オ・ジェソクの前、右サイドハーフとして出場。前からの激しい守備に加え、そつのないパス回しを見せて勢いづくチームにしっかり溶け込んでプレーした。

監督
マッシモ・フィッカデンティ 6.5
湘南の特徴を掴みきったゲームプランを見事に成立させ、「もっと派手な試合になったかも」と手応えある勝利。一度は追いつかれる展開にも、落ち着いた采配と指示を見せた。

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。
【チーム採点・寸評】
湘南 5
体力の残っている前半は先制されるも追いつく粘りを見せたが、相手の策略にはまって後半は打ちのめされた。11人の特徴をもっと生かしきりたい。

【湘南|選手採点】
GK
25 谷 晃生 5.5
スピードのある相手のアタッカー陣の侵攻に対し、常に冷静に対処していただけに、3失点は残念なところ。マテウスのシュートには不意を突かれたか。

DF
19 舘 幸希 5(86分OUT)
攻撃時にはSB的に上下動し、マテウスや阿部浩之の動きに制限をかけるディフェンスも。後半はアンカーでもプレーしたが、名古屋の勢いに飲まれた。

38 石原広教 5.5
攻撃型のサイドバックと見間違うほどに攻撃面での貢献度を見せた。劣勢の後半も果敢な攻め上がりを見せたが、その裏を使われて加点されたのは難しいところ。

4 坂 圭祐 5.5
恐るべき打点の高さで同点ゴールを決める。ロングパスを相手SBの裏に執拗に蹴り続け、攻撃面での起点の一つにもなったが、守備面ではカウンターの勢いを抑えきれなかった。
MF
6 岡本拓也 5.5
舘のフォローを受けて高めの位置をキープ。ポゼッションからの裏抜けでアクセントをつけ、サイド攻撃を盛り立てたが、孤立することもまた多かった。

23 茨田陽生 5.5(62分OUT)
インサイドハーフの位置でハイプレスを仕掛け、落ち着いたボールさばきで攻撃を単調なものにはさせなかった。しかし後半は次々と失点する流れの中で存在感が薄れた。

16 齊藤未月 5(81分OUT)
アンカーの位置でゲームを俯瞰し、守備の扇の要として周囲に気を配った。しかし失点が重なっていく流れの中では後手を踏むことも多く、無念の敗戦。

18 松田天馬 5
バイタルエリアでボールを持って攻撃にタメを作り、身体を張って相手守備陣との駆け引き。しかしフォローが少なく後半はセットプレー以外で出番が減った。

26 畑 大雅 5
もはやサイドハーフの位置でプレーし、オ・ジェソクとのにらみ合いを続けた。失点が続いた後半も懸命に前に出たが、まとまりを欠く攻守の中では効果は上げられず。
FW
9 指宿洋史 5(62分OUT)
ポストプレーの機会は前半はそれほど多くはなかったが、守備もサボらず運動量豊富に湘南の前線でターゲットになった。後半最初の決定機を決めていれば試合の流れも変わっていたが…

14 中川寛斗 5.5(62分OUT)
素早いフォアチェックと巧みにボールを持ってはさばきを繰り返し、攻撃にリズムと勢いを出していた。しかし後半はそこに雑さが出たことでリズムを崩す要因にも。
交代出場
DF
8 大野和成 5(62分IN)
2点差をつけられた最終ラインの補強にと投入されたが、失点こそしなかったが劣勢は加速した。対応に追われて時間が過ぎた印象で、よく守ったとも言えるが苦しかった。

MF
5 古林将太 5(62分IN)
FWでの起用だったが右サイドにも流れつつ攻撃の機会を窺った。裏への意識で押し込まれる展開に対抗しようとはしていたが、攻撃の厚みがチームとして足りなかった。

FW
20 岩崎悠人 5(62分IN)
最前線で縦パスを引き出す動きを繰り返し、速攻の中でも意地を見せたが、相手の囲い込みが速く持ち味は発揮しきれなかった。

MF
30 柴田壮介 ―(81分IN)
中盤に入って攻守の流れを整えたかったが、相手のポゼッションの巧みさにチームのスタミナが激減。ボールを追いかけるばかりで時間が過ぎていった。

MF
40 オリベイラ ―(86分IN)
終盤に投入されビルドアップの交通整理に励んだが、時すでに遅し。名古屋の勢いはとどまるところを知らなかった。

監督
浮嶋 敏 5
激しいプレースタイルをまんまと利用され、後半に失速。1-1で粘った前半は良かったが、再びリードを奪われてからの試合展開には用兵含め大いに改善の余地がある。

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

取材・文●今井雄一朗(フリーライター)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加