慶大が明大に先勝 善波が2安打3打点と活躍 父は明大前監督の達也氏 東京六大学

慶大が明大に先勝 善波が2安打3打点と活躍 父は明大前監督の達也氏 東京六大学

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2022/05/15
No image

七回、右犠飛を放つ善波=神宮球場

「東京六大学野球、慶大7-4明大」(14日、神宮球場)

慶大が首位の明大に先勝した。

慶大は初回に3点を先制すると、三回に1点、五回に1点、七回には2点を追加し、12安打7得点と打線が爆発。投手陣は2投手の継投で粘りきった。

明大前監督の善波達也氏を父に持つ慶大の力捕手(つとむ、3年・慶応)は「8番・捕手」で先発出場し、4打数2安打3打点と活躍。守備では六回に2点を献上し、なお2死一塁と流れを切りたいところで二盗を阻止するなど、チームを盛り立てた。縁のある明大との試合には「意識してもいいことがないかなと思って、どことやるときも気持ちは一定。特別な感情なくやっている」と話した。

堀井哲也監督は試合を振り返り、「先に先行できたので気持ち的に有利に運べた」。3季連続優勝に向けて負けられない戦いが続くが、「今日はたまたまツキがあった。明日も力一杯やりたい」と力を込めた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加