肥薩おれんじ鉄道で「放課後ていぼう日誌」コラボ第2弾が実施決定!

肥薩おれんじ鉄道で「放課後ていぼう日誌」コラボ第2弾が実施決定!

  • WebNewtype
  • 更新日:2021/04/08
No image

TVアニメ「放課後ていぼう日誌」キービジュアル (C)小坂泰之(秋田書店)/海野高校ていぼう部

熊本と鹿児島をつなぐ肥薩おれんじ鉄道と「放課後ていぼう日誌」のコラボ第2弾として、佐敷駅での漫画パネルの設置とオリジナル切符の発売が決定しました。

肥薩おれんじ鉄道のコラボ1日フリー乗車券

TVアニメ「放課後ていぼう日誌」は熊本県芦北町を舞台モデルとしており、肥薩おれんじ鉄道の佐敷駅は、アニメ第4話で登場した「三敷駅」のモデルとなった駅です。

肥薩おれんじ鉄道では、2020年7月に同地域を襲った熊本豪雨への復興支援、および芦北町の魅力発信のために「放課後ていぼう日誌」のキャラクターを車両全体にラッピングした列車が運行されており、今回のコラボはその第2弾となります。

佐敷駅での漫画パネルの設置は4月15日(木)から、コラボデザインの特別切符限定販売は4月9日(金)からを予定しています。

詳細は肥薩おれんじ鉄道公式サイト内の「放課後ていぼう日誌」連携企画特設ページでご確認ください。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加