石川遼4打差13位に後退もメラッ「ラフが深く、技術が試されて、やりがいを感じる」と攻略期す

石川遼4打差13位に後退もメラッ「ラフが深く、技術が試されて、やりがいを感じる」と攻略期す

  • 日刊スポーツ(スポーツ)
  • 更新日:2022/08/06
No image

クラブを見つめる石川(撮影・足立雅史)

<国内男子ゴルフツアー:日本プロ選手権>◇第2日◇5日◇静岡・グランフィールズCC(7219ヤード、パー71)◇賞金総額1億5000万円(優勝3000万円)◇有観客開催

7位から出た石川遼は、1バーディー、2ボギーの72と1つ落とし、通算3アンダーで13位に後退した。

出だしの1番パー5で、バンカーからの第3打を20センチ足らずに寄せ、幸先よく伸ばした。だが、バーディーはこれが最初で最後。その後は苦しい時間が続いた。

首位との差は、スタート時の2打から4打に広がったが「ラフが深く、技術が試されて、やりがいを感じる」と難セッティング攻略を期していた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加