今宮健太、5年ぶりベストナインに「1年間頑張って結果が出たからこそ」打率・296はキャリアハイ

今宮健太、5年ぶりベストナインに「1年間頑張って結果が出たからこそ」打率・296はキャリアハイ

  • 西日本スポーツ
  • 更新日:2022/11/25
No image

今季のプロ野球のタイトル獲得者らを表彰するNPBアワーズが25日、東京都内で開かれ、ソフトバンクの今宮健太内野手(31)がパ・リーグ遊撃手で5年ぶり3度目のベストナインを受賞した。

今季は130試合に出場し、キャリアハイの打率2割9分6厘をマーク。「1年間頑張ってきて結果が出たからこそ、この賞を頂けた」と喜びを爆発させた。

ゴールデングラブ賞は西武源田に譲ったものの、ライバルの5年連続受賞を阻止して「(源田の)グラブさばき、ハンドリングは12球団ナンバーワン。競争し合って自分のレベルを上げたい」と意気込んだ。

西日本スポーツ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加