岸田首相、内閣改造と自民党役員人事を正式表明 10日にも実施へ

岸田首相、内閣改造と自民党役員人事を正式表明 10日にも実施へ

  • 朝日新聞デジタル
  • 更新日:2022/08/06
No image

"平和記念式典であいさつする岸田文雄首相=2022年8月6日午前8時34分、広島市中区、田辺拓也撮影"

岸田文雄首相は6日午前の広島市内での記者会見で内閣改造と自民党役員人事について、「与党とも相談し、来週にも行いたい」と表明した。複数の政権幹部によると、10日にも実施する方針だ。

急転直下の内閣改造と自民党役員人事 ざわつく党内に広がった臆測

首相は人事に踏み切る理由に関連し、政権が抱える課題として新型コロナウイルスや物価高への対応、ウクライナ・台湾情勢、防衛力強化、災害対応、経済対策などを列挙。また、安倍晋三元首相の国葬に関連し警備体制の強化も挙げ、「様々な課題を考えると、とにかく新しい体制を早くスタートさせたいと常々思っていた」と説明した。

与党内では8月下旬から9月上旬に実施との見方が出ていた。首相は「色々な方々が9月だ何だとかおっしゃっていたが、元々できるだけ早く体制をスタートさせなければいけないと考え続けてきた」とした。

一方、「世界平和統一家庭連合(旧統一教会)」との関係が人事に影響するかどうかについては「新たに指名する閣僚だけでなく現閣僚、副大臣なども含めて、当該団体との関係をしっかりとそれぞれ点検し、その結果を明らかにしてもらい、適正な形に見直すことを指示したい」と述べた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加