推定樹齢900年...国の天然記念物 菩提寺の大イチョウが色づく【岡山・奈義町】

推定樹齢900年...国の天然記念物 菩提寺の大イチョウが色づく【岡山・奈義町】

  • OHK岡山放送
  • 更新日:2020/11/20
No image

岡山放送

ここをクリックすると元記事で動画再生ができます。

推定樹齢900年、岡山県奈義町にある菩提寺の大イチョウが色づいています。

菩提寺の境内に根を張る大イチョウ。

高さおよそ40メートル幹の周囲は13メートルある国の天然記念物です。

2019年の秋の台風で10数本の枝が折れましたが残る枝は次々と葉を付けました。今週に入って色づき始め、今は全体の6割ほどが染まっています。

風が吹くと葉が落ち巨木の下は一面、黄色いジュータン晩秋の風情に包まれています。

菩提寺の大イチョウは来週中頃まで楽しめ11月21日から3日間はライトアップされます。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加