「ルパンの娘」まさかの「鬼滅の刃」パロディーで話題!

「ルパンの娘」まさかの「鬼滅の刃」パロディーで話題!

  • シネマトゥデイ
  • 更新日:2020/11/20
No image

深田恭子(2018年に撮影)

フジテレビ系ドラマ「ルパンの娘」第6話が19日、放送され、「鬼滅の刃」のパロディーが話題を呼んでいる。

本作は、昨年7月クールに放送された深田恭子主演の同名ドラマの続編。泥棒一家“Lの一族”の娘・三雲華(深田)と、警察一家の息子・桜庭和馬(瀬戸康史)、前作でさまざまな障害を乗り越えた末に、夢にまで見た結婚生活を手に入れた二人が描かれる。

第6話では、華と和馬の娘・杏(小畑乃々)が学校の課題で、泥棒である華の父・尊(渡部篤郎)たちの職場を見学することに。華が心配する中、尊たちは“物流”と称して自分たちの仕事を紹介する。

無事、杏が授業参観で家族の仕事についてクラスメイトたちの前で発表した帰り、華と杏はひったくり犯に遭遇。男が杏の方に向かって走ってくると、杏は目をつぶって呼吸を整え、「Lの呼吸」とつぶやき覚醒。男からカバンをさっそうと奪い返した。

突然の「鬼滅の刃」ネタにネット上では「Lの呼吸」がTwitterのトレンド入りするなど大反響。「爆笑」「めっちゃ笑いました」「これは最高」など歓喜の声が上がっている。(編集部・中山雄一朗)

シネマトゥデイ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加