大栄翔が自己最長タイ4連勝「自分の相撲取りきる」

大栄翔が自己最長タイ4連勝「自分の相撲取りきる」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/01/13
No image

突き出しで御嶽海(右)を破った大栄翔(撮影・野上伸悟)

<大相撲初場所>◇4日目◇13日◇東京・両国国技館

西前頭筆頭大栄翔(27=追手風)が17年秋場所以来、幕内では自己最長タイの初日から4連勝を飾った。

小結御嶽海に何もさせなかった。回転の速い突っ張りで相手を突き起こし、一気に突き出した。取組後のリモート取材では「迷いなく攻められたので良かった。自分は自分の相撲を取りきるだけ。それができたと思う」と納得の表情を浮かべた。

初日から朝乃山、貴景勝、正代の3大関を倒して、この日は2度の優勝経験を持つ実力者を圧倒した。今場所の主役候補は「先のことはあまり考えないので、1日一番。目の前の勝負に力を出していくことが大事」と地に足をつけた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加