慶大・森田が細心に完封1勝「雨だったので」あえて一塁へワンバン送球

慶大・森田が細心に完封1勝「雨だったので」あえて一塁へワンバン送球

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/05/01
No image

東大対慶大 1回表東大無死、阿久津の打球を処理し一塁へ送球する投手森田(撮影・足立雅史)

<東京6大学野球:慶大7-0東大>◇第4週第1日◇1日◇神宮

慶大・森田晃介投手(4年=慶応)が東大打線を6安打に抑え、19年秋以来の完封で今季1勝目を挙げた。

ゴロを捕球した後、一塁へワンバウンドで送球する場面が3回、あった。引っかけたわけではなく「雨だったので、打者走者の様子を見ながら投げました」と話した。試合途中から雨が降り出した。ぬれたボールが抜けて悪送球とならないよう、あえてバウンドさせたと説明した。

「日ごろから想定して練習しています」と、野手とも準備してきたプレーだった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加