【気象情報】26日は冬型緩むも下越と中越では朝から警報級大雪の可能性 引き続き警戒を 《新潟》

【気象情報】26日は冬型緩むも下越と中越では朝から警報級大雪の可能性 引き続き警戒を 《新潟》

  • TeNYテレビ新潟NEWS
  • 更新日:2023/01/25
No image

【気象情報】26日は冬型緩むも下越と中越では朝から警報級大雪の可能性 引き続き警戒を 《新潟》

新潟地方気象台によりますと、26日は冬型の気圧配置は緩みますが、気圧の谷や寒気の影響を受ける見込みです。

県内では、26日にかけて海上では雪を伴った強い風が吹き、海ではしけや大しけとなるでしょう。

下越と中越の平地では、発達した雪雲が同じ所にかかり続けた場合には、予想より降雪量が多くなり、26日朝から警報級の大雪となる可能性があります。

下越と中越の平地では、26日朝から大雪による交通障害に注意・警戒してください。

[雪の予想]

26日午後6時までに予想される24時間降雪量は、いずれも多い所で、

下越 平地  30センチ

下越 山沿い 40センチ

中越 平地  50センチ

中越 山沿い 60センチ

上越 平地  20センチ

上越 山沿い 30センチ

佐渡     20センチ

また中越と上越では25日夜遅くまで、下越と佐渡では26日明け方にかけて高波に警戒してください。

26日の波の高さは県内全域でうねりをともない下越・佐渡で6メートル、上・中越で4メートルの予想です。

落雷や突風、電線や樹木への着雪、路面の凍結や水道管の凍結、雪を伴った強風、ふぶきで視界が悪くなる、なだれにも注意が必要です。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加