阪神・佐藤、三塁レギュラー剥奪の危機? 岡田新監督が与えたオフの“宿題”は

阪神・佐藤、三塁レギュラー剥奪の危機? 岡田新監督が与えたオフの“宿題”は

  • リアルライブ
  • 更新日:2022/11/25
No image

画像はイメージです

阪神タイガース選手会の来季の役員人事が発表された(11月24日)。選手会長は3年連続で近本光司、副会長には中野拓夢が、役員には湯浅京己が選出された。中野と湯浅は新任である。

「佐藤が選出されるってウワサもあったんだけどね…」

佐藤輝明は来季がプロ3年目だが、“大学卒のオトナ”であり、岡田彰布新監督も大きな期待を寄せている。秋季キャンプ中は怒られていることの方が多かった。しかし、それも「期待の裏返し」というのが周囲の一致した見方だ。

「佐藤が侍ジャパンの強化試合を終え、秋季キャンプに合流したのが、11月12日。19日には背中の張りを訴えて途中から別メニューになりました。同じく侍ジャパンからチームの帰還した中野は、普通に練習していました。佐藤は体力不足を叱責されました。その後は一生懸命やっていましたが」(在阪メディア)

期待値の高さと、本人の努力。選手会役員への選出が予想されたのは、「チームを牽引して行くことをより強く自覚させるため」である。

>>阪神トレード加入の渡邉、二塁奪取は絶望的か 岡田新監督は期待も致命的問題、新庄監督は愛想尽かした?<<

同時に、こんな見方もされていた。「今オフはほかにやることがたくさんあるので」――。

どういう意味かと言うと、佐藤は秋季キャンプ中に「打撃フォームの改造」を命じられた。しかし、短期間では習得できず、来年の春季キャンプまでの“宿題”となってしまったのだ。

「守備も課題だらけ。馬場敏史内野守備走塁コーチが付きっ切りになる場面もありました」(前出・同)

佐藤が最も期待されているのは打撃だが、守備面での向上がなければ、ちょっとヤバイ状況になりそうなのだ。というのも、新加入のシェルドン・ノイジー(アスレチックス傘下3A)だが、岡田監督は「外野で使いたい」と言ったものの、実際は内野手で、かつ三塁守備に関しては好評価を受けていたそうだ。

その報告は岡田監督も受けている。佐藤が守備面での成長を見せなければ、「三塁・ノイジー、右翼・佐藤」への守備変更もあり得ない話ではない。

「佐藤が秋季キャンプに合流した直後、岡田監督は渡邉諒と板山祐太郎も三塁ノックに加えています」(ベテラン記者)

体力強化、新打撃フォームの習得、守備力のアップ…。試練のオフとなりそうだ。

阪神OBのプロ野球解説者がこう続ける。「岡田監督は解説者時代から、佐藤の打撃フォームを気にしていました。構えた時、バットのグリップの位置が高すぎると言って。プロ一年目の昨季、二軍落ちするほど佐藤は打撃不振に苦しみましたが、岡田監督は『あの時に改造させていれば』とも嘆いていました」

「バットに当てるだけのヒットはいらない、ホームランを」と、岡田監督は思っている。

「佐藤は来年3月のWBC本番に招集される可能性も高いので、打撃フォームの改造に費やす時間は限られています」(関係者)

佐藤がどんなオフを過ごすのか。そこにチームの命運も懸かっている。(スポーツライター・飯山満)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加