アジアの富豪は日本に住みたい?世界の富裕層に聞いた「家を買いたい国」

アジアの富豪は日本に住みたい?世界の富裕層に聞いた「家を買いたい国」

  • 東京カレンダー
  • 更新日:2021/04/10

今日知っておきたい旬な話題を厳選したWorld Trend News。

毎日の5分で世界のトレンドをキャッチしよう!(火曜日~土曜日 朝5時配信)

No image

【経済】世界の富豪 家を買うなら?

No image

英不動産コンサル大手ナイト・フランクが、富裕層の関心事などに関するレポートを発表した。

世界50カ国・地域のプライベートバンカーやファミリーオフィスを通じて、2020年10〜11月にかけて富裕層の動向を調査した。

もし新しく家を購入する場合、どの国・地域がいいか聞いたところ、最も多かった回答は「イギリス」で、2位以下は「アメリカ」「オーストラリア」「スペイン」「スイス」の順となった。

アジアの富裕層に限定したランキングは「アメリカ」が1位で、「イギリス」「オーストラリア」「シンガポール」「日本」が続いた。

北米の富裕層の間では「アメリカ」が1位だったほか、イギリスでは「イギリス」、イギリスを除くヨーロッパでは「スペイン」、中東では「イギリス」が1位だった。

また、出費を惜しまないものは何か尋ねたところ、「アート」が最も多く、「クラッシック・カー」「時計」「ワイン」「宝石」が続いた。

地域別に見ると、「アート」は北米やヨーロッパ、中東など多くの地域で1位となったが、アジアとアフリカ地域では「時計」が1位だった。

◆ナイト・フランクのレポート 詳細はこちら(英文)

【経済】輸入車 高価格帯だけは好調

No image

日本自動車輸入組合によると、2020年度の外国メーカーの新車輸入販売台数は、前年度比12.5%減の25万5,518台だった。

価格帯別では、400万円以上1,000円未満の乗用車が18.4%減、400万円未満が14.3%減となった一方で、1,000万円以上は2.7%増と前年に続くプラスとなった。

【時事】内定先 7割がインターン企業

No image

「キャリタス就活」を運営するディスコは、2022年卒業予定の学生の内定率が4月1日時点で38.2%だったと発表した。

前年同月を3.5ポイント上回る高水準となったが、就職先を決めて活動を終了したのは全体の1割で、大半が就職活動を継続すると回答した。

内定を得た企業は、「インターンに参加した企業」が70.4%に上った。

◆キャリタス就活2022 学生モニター調査 詳細はこちら

【時事】共通テスト「記述式」を断念

No image

文部科学省の検討会は、大学入学共通テストにおける記述式問題の出題を見送る方針で一致した。

共通テストでは当初、2021年1月実施の「国語」と「数学」で記述式の導入が予定されていたが、採点の質の確保などに懸念が生じたことから見送りが決定。その後2025年1月以降の導入について議論してきた。

全大学へのアンケート調査によると、記述式の出題についての否定的意見は国立大学で9割以上、公立や私立で8割以上に上った。

【カルチャー】英国の人気デリが日本上陸

No image

イギリスで絶大な人気を誇るデリカテッセン「リナストアズ」が2021年夏、英国外初の旗艦店を東京・表参道にオープンする。

リナストアズは1944に年ロンドン・ソーホー地区で創業したイタリアンデリカテッセンで、フレッシュパスタや生ハム、チーズ、アンティパストが人気の行列の絶えない店として、地元の名所となっている。

第1号店となる「リナストアズ表参道レストラン&デリカテッセン」では、オープンシアター型のキッチンとパスタ工房を併設、レストランと隣接するデリカテッセンでは生ハムからチーズ、フレッシュパスタ、パニーノ、デザート、コーヒーなど、高品質のフードやスイーツをイートインとテイクアウトで提供する。

【経済】NY富裕層の所得税アップ?

No image

ニューヨーク州が、富裕層に適用される所得税の引き上げで暫定合意に達したとブルームバーグが報じた。

年収100万ドル(約1億1,000万円)を超える単身申告者に対する州の所得税率を、従来の8.82%から当面9.65%に引き上げる。

市税を合わせると13.5〜14.8%の所得税を支払うことになり、現時点で米国内の最高税率が適用されているカリフォルニア州を上回り、国内最高水準となる可能性がある。

【時事】放置自転車 恵比寿がワースト3

No image

東京都は、2020年度の都内の駅周辺における自転車放置状況を公表した。

区市町村による放置自転車等の撤去や駐輪場への誘導といった取り組みにより、原付などを含む自転車等の放置台数は過去最少の2万1,035台となり、ピーク時(1990年度)の11分の1以下まで減少した。

放置台数が最も多い駅は赤羽駅で、幡ヶ谷、恵比寿、京成立石、新小岩が続いた。

◆駅前放置自転車等の現況と対策 詳細はこちら

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加