八幡浜・競技チーム監督の男 教え子に“マッサージ”と称してわいせつ行為 「抑えられなかった」【愛媛】

八幡浜・競技チーム監督の男 教え子に“マッサージ”と称してわいせつ行為 「抑えられなかった」【愛媛】

  • EBCニュース
  • 更新日:2023/01/25

八幡浜市の職員で競技チームの監督の男が車の中で教え子の体を触ったなどとして強制わいせつの罪に問われていることが分かりました。

男は25日付で懲戒免職となっています。

懲戒免職になったのは八幡浜市の40代の職員の男です。

起訴状によりますと、男はおととし5月、車の中で被害者の服の中に手を入れ体を触るなどした強制わいせつの罪に問われています。

松山地裁で25日に開かれた初公判で、男は起訴内容を認め「指導者として勘違いしてしまった。話をしている中で抑えられなかった」としています。

男は競技チームの監督で教え子である被害者に好意を持ち「マッサージ」と称して体を触る行為を繰り返していたということです。

八幡浜市・大城一郎市長:

「被害者、ご家族、関係者の皆さま、ならびに市民の皆さまに深くお詫びを申し上げます」

八幡浜市の大城市長は25日、臨時の会見を開き謝罪、「綱紀粛正の徹底を図りたい」としています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加