NEW
ロゴとアプリ版リニューアルのお知らせ
ぶれない精神を 照ノ富士との一問一答―大相撲

ぶれない精神を 照ノ富士との一問一答―大相撲

  • 時事通信社
  • 更新日:2021/07/21
No image

横綱昇進の伝達式で口上を述べる照ノ富士(中央)、左は伊勢ケ浜親方=21日午前、東京都江東区の伊勢ケ浜部屋(代表撮影)

73人目の横綱に昇進した照ノ富士との一問一答は次の通り。

―今の心境は。

ほっとしている。

―昇進を伝える使者を待っている間の緊張は。

特にそういうことはなかった。

―口上の「不動心」にどんな思いを込めたか。

何事にもぶれない精神を持って、頑張っていきたいという思い。

―口上を自己採点するなら。

自分の中では満点と思う。

―けがや病気で苦しんだ時期、今の姿を想像できたか。

もちろん、目指しているのは、あくまで一番上の地位というのは(序二段まで)落ちた時でも思っていたこと。やるなら徹底的に、ということは心の奥で考えていた。

―自身にとって横綱の地位とは。

今まで通りでは絶対駄目。みんなの見本になるような横綱でいたいと思っている。

―イメージする横綱の品格とは。

生き方で証明したいな、と思っている。

時事通信社

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加