【J2結果まとめ(5/14)】FC琉球が連勝、暫定で最下位脱出。ロアッソ熊本も急浮上

【J2結果まとめ(5/14)】FC琉球が連勝、暫定で最下位脱出。ロアッソ熊本も急浮上

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2022/05/14
No image

【写真:Getty Images】

明治安田生命J2リーグ第16節の試合が14日から15日にかけて行われる。14日土曜日には5試合が開催された。

ヴァンフォーレ甲府対レノファ山口FC戦は、それぞれウィリアン・リラと高木大輔がゴールを決めて1-1のドロー。V・ファーレン長崎と大宮アルディージャは0-0で引き分けた。

大分トリニータとロアッソ熊本の九州ダービーは、前半に田辺佳佑と杉山直宏の得点でリードした熊本が2-1で逃げ切り。最近4戦で3勝1敗と好調な熊本はプレーオフ圏をうかがう順位に浮上してきている。

東京ヴェルディ対水戸ホーリーホック戦は、後半に曽根田穣と木下康介のゴールで2点を奪った水戸が2-0の勝利。失速の続く東京Vはプレーオフ圏外に8位に後退してしまった。

ナイトゲームではFC琉球と栃木SCが対戦。草野侑己の5試合連続ゴールが決勝点となり、1-0で今季初の連勝を飾った琉球が暫定で最下位を脱出している。

▽J2第16節
甲府 1-1 山口
長崎 0-0 大宮
大分 1-2 熊本
東京V 0-2 水戸
琉球 1-0 栃木

編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加