ソフトB・グラシアル、高谷の“代役”バレをシャドーパンチでKO

ソフトB・グラシアル、高谷の“代役”バレをシャドーパンチでKO

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2020/10/17

(パ・リーグ、ソフトバンク-楽天、23回戦、17日、ペイペイドーム)ソフトバンクのジュリスベル・グラシアル内野手(35)が「4番・左翼」で先発出場。四回無死、左中間テラスに10号ソロを突き刺した。

四回の守備で先発・東浜が1死満塁のピンチを無失点でしのいだ直後だった。石橋の138キロをすくい上げ、白球はテラス席に着弾。10日のロッテ戦(ペイペイドーム)以来のアーチを描き、楽天を突き放した。

グラシアルといえば、ベンチ前で高谷にシャドーボクシングをするのが恒例のパフォーマンス。しかし高谷は現在登録抹消中。“代役”としてベンチ前で待ち構えていたバレンティンをシャドーパンチでKO。そして熱いハグだ。助っ人が共演したパフォーマンスに、ドームは拍手に包まれた。

グラシアルは前日16日。一回1死一、二塁から左前適時打を放つも第2打席で代打を送られて交代。状態が心配されたが、この日はフリー打撃で柵越えも放つなど元気な姿を見せた。工藤監督は「本人はきのうよりはいいと言っているので。練習して確認しようという話をしています」。ここまで52試合に出場して打率・277、9本塁打、23打点。打線を引っ張ってきた。

No image

4回、本塁打を放ったソフトバンク・グラシアル=ペイペイドーム(撮影・村本聡)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加