超高感度CMOSセンサーで最低被写体照度0.0005luxを実現したキヤノンの超高感度多目的カメラ「ML-105 EF/ML-100 M58」

超高感度CMOSセンサーで最低被写体照度0.0005luxを実現したキヤノンの超高感度多目的カメラ「ML-105 EF/ML-100 M58」

  • @DIME
  • 更新日:2020/11/20
No image

キヤノンは、超高感度多目的カメラの新製品として、「ML-105 EF」と「ML-100 M58」の2機種を12月中旬より順次発売する。価格はいずれもオープン。

No image

「ML-105 EF」

No image

「ML-100 M58」

今回登場する新製品は、豊富なラインアップを誇るキヤノンのEFレンズを使用できるEFマウント採用の「ML-105 EF」と多様なレンズやアクセサリーの組み合わせが可能なM58マウント採用の「ML-100 M58」の計2機種。

いずれも、画素部や読み出し回路に独自技術を搭載した35mmフルサイズCMOSセンサーにより、最低被写体照度0.0005lux(最大ゲイン75dB時、ISO感度400万相当)の超高感度と低ノイズを両立し、星明かりなど非常にわずかな光の環境下でもカラー撮影が可能だ。

また、さまざまなシステム機器へ組み込みやすいボックスデザインの採用や、インターフェースの見直しにより、従来機種「ME20F-SH」(2015年12月発売)に比べて体積約50%以下の小型設計を実現。

さらに、米国国防総省が定める物資調達規格「MIL-STD-810G」の4項目に相当する耐久性、国際電気標準会議が定める水や異物侵入の保護等級の規格「IP54」相当の防じん・防滴性能など高い耐環境性能を備えている。

映像出力は、「ML-105 EF」が外部レコーダーやモニターへの出力を可能にする3G/HD-SDI端子を採用。「ML-100 M58」は産業用高速デジタルインターフェース規格「CoaXPress」を採用する。

本体サイズは「ML-105 EF」が76×76×112mm、「ML-100 M58」が76×76×83mm。質量は「ML-105 EF」が約800g、「ML-100 M58」が約550g。発売日は「ML-100 M58」が2020年12月中旬、「ML-105 EF」が2021年4月上旬の予定。

関連情報
https://cweb.canon.jp/multipurpose/

構成/立原尚子

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加