自宅にプリンターがなくてもOK!「Googleフォト」からコンビニで写真を印刷する方法

自宅にプリンターがなくてもOK!「Googleフォト」からコンビニで写真を印刷する方法

  • Real Sound
  • 更新日:2022/06/23
No image

撮影=酒井麻里子

「写真はスマホの画面上で見る」ことがすっかり当たり前になった昨今だが、物理的な存在感のある「紙」の写真にはやはり魅力がある。

(参考:【写真】「Googleフォト」からコンビニで写真を印刷する方法

自宅にプリンターを持っていない人が写真をプリントしたいときに便利なのが、「Googleフォト」アプリからデータを登録して、セブンイレブンのマルチコピー機で印刷できるサービスだ。実際に利用してみた。

・Googleフォトから印刷の予約をする

印刷の予約をするには、Googleフォトで印刷したい写真を開き、右上の「…」をタップすると表示される項目から「写真を注文」をタップ。続いて画面下部に表示される「写真をプリント」をタップする。

プレビューが表示される。ここで「編集」から、写真をトリミングしたり、明るさや色味を変えたりすることも可能だ。複数の写真を同時に印刷したい場合は、「他の写真を追加」から同様の手順で写真を選択する。すべての写真を選び終わったら、「次へ」をタップしよう。

続いて、注文の確認画面が表示される。印刷代は1枚40円、サイズは一般的な写真のプリントでよく使われる「Lサイズ」となる。ここではとくに自分で選択する項目などはないので、「注文を確定」をタップすればよい。

・セブンイレブンのコピー機で印刷する

注文を確定すると、Gmail宛てに「プリント予約番号」が送られてくる。メールに記載された期限までにセブンイレブンのマルチコピー機で印刷しよう。なお、今回試したものでは、予約時点から5日後の23:59が期限となっていた。

マルチコピー機のメニューで、「プリント」→「ネットプリント」を選択。「写真プリント」ではないので注意しよう。

その後、メールで送られてきた「プリント予約番号」と「暗証番号」を入力すると、印刷の確認画面が表示される。あとは通常のコピーなどの場合と同様に、現金かnanacoで支払いをして、印刷を開始すればよい。

印刷した写真をフォトスタンドに入れて飾ったり、紙のノートや手帳に貼って装飾したりと、アナログならではの楽しみ方ができる。

・レトロ風に加工した写真も印刷してみた

普通に印刷するだけでは少々物足りないので、最近人気のフィルム写真風に加工したものも印刷してみた。

使用した写真は、上野のアメ横で撮影したもの。加工前の写真は、風景こそレトロ感があるものの、画質の鮮明さや看板の新しさに「今っぽさ」が出てしまっている。

これを加工して、色あせたフィルム写真風に。今回は、豊富なフィルターが用意されてている「Photoshop Camera」で、アナログ風の加工を行った。

加工後の写真をスマホ本体に保存する方法はアプリによって異なるが、Photoshop Cameraの場合は右下の矢印ボタンをタップして「コピーを保存」を選べばよい。

加工済みの写真がGoogleフォトアプリに表示されるので、それを先述の手順でプリント予約する。

ほかの写真アプリを使う場合も、加工後に写真を一旦スマホ本体に保存し、Googleアプリからその写真を開いて印刷の操作を行おう。

色があせ、表面に細かい傷の入った古い写真の雰囲気が再現されている。レトロ好きな人なら、手軽にフィルムカメラの雰囲気を楽しむ方法としておすすめだ。

あらゆる情報がデジタルの画面上で見られるようになったからこそ、紙の存在感や所有感が恋しくなることがある。たまには写真をプリントして、ベストな1枚を楽しんでみるのもいいかもしれない。

(文=酒井麻里子)

酒井麻里子

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加