「内から外、内から外」大谷翔平、意識が見えるルーティンにファンも注目「あの手は逆方向意識」

「内から外、内から外」大谷翔平、意識が見えるルーティンにファンも注目「あの手は逆方向意識」

  • ABEMA TIMES
  • 更新日:2022/05/14
No image

【MLB】アスレチックス0-2エンゼルス(5月13日・日本時間14日/オークランド)

エンゼルスの大谷翔平投手が「3番・DH」で先発出場し、4打数無安打1三振で6試合ぶりのノーヒットに終わった。直近7試合では打率も3割を超え、いよいよ打撃も本調子に入ってきたかという大谷だが、打席でのルーティンではマドン監督から好調時の証しと言われるセンターからレフト方向への打球を意識するような仕草が見て取れた。

【動画】「内から外」の意識がわかる大谷翔平のルーティン

今季の大谷は開幕からなかなか打撃の調子が上がらなかったものの、5月9日(日本時間10日)のレイズ戦では今季初となる2打席連続の5号・6号。日本人選手としては史上3人目、最速での通算100号に王手をかけている。

打撃のバロメーターと言われているのが、大谷の打球方向と角度。本人もセンター方向への打球を意識するとコメントしているように、周囲からもセンターからレフト方向に、角度のついた打球が飛び出すと状態は上向きで、ホームランもあらゆる方向に出始めるという。

この日の第2打席では追い込まれた後も、打席を外す度にバットを内側から押し出すような仕草、さらには左の手のひらを前に押し出すような様子も見られた。これにファンも注目し「あの手は逆方向意識してるな」といったコメントも見られた。結果、外角低めのチェンジアップに空振り三振を喫した直後には「これは行けた」と言わんばかりに悔しそうな表情も見せ、これにも「バット振れてるから悪くないっしょ」「悔しそうなのが好きだよ」といった声が寄せられていた。
(ABEMA『SPORTSチャンネル』)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加