実物大νガンダム像、ららぽーと福岡で来年春公開 映画と異なる新デザインに賛否両論

実物大νガンダム像、ららぽーと福岡で来年春公開 映画と異なる新デザインに賛否両論

  • iza!
  • 更新日:2021/09/15
No image

「実物大νガンダム立像」 イメージパース(C)創通・サンライズ

三井不動産、九州電力、西日本鉄道が事業を推進する福岡市博多区の「三井ショッピングパーク ららぽーと福岡」で、2022年春から「実物大ν(ニュー)ガンダム」を展示する計画が15日発表され、ガンダムファンの注目が集まっている。

「νガンダム」は、1988年公開のアニメ映画「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」に登場して以来、30年以上経った今でも多くのファンに愛され、さまざまな人気ランキングで上位に選出されるモビルスーツ(人型対戦ロボット兵器)。今回建設される実物大νガンダム立像は、映画に登場する「RX-93 νガンダム」をベースとして富野由悠季監督が監修した“新機体”「RX-93ff νガンダム」だ。

三井不動産が展開する商業施設における実物大ガンダム立像は、バンダイナムコグループと連携して建設されており、「三井ショッピングパーク ダイバーシティ東京 プラザ」では12年春から「実物大ガンダム」(現在は「実物大ユニコーンガンダム」)、「三井ショッピングパーク ららぽーと上海金橋(中国)」では今年春から「実物大フリーダムガンダム」が公開中。今回のνガンダムは、九州初の実物大ガンダム立像となる。

建物内では、ガンダムの世界を体感できるエンターテインメント施設「ガンダムパーク福岡」なども計画中で、具体的なコンテンツについては今後公表予定だという。

発表を受け、ツイッターではガンダムファンが大盛り上がり。「地元にνガンダムが!」「福岡の街に最強のνガンダム降臨 これは待ち遠しいよね~」「なんと私の職場のモロ近くに! この機体を朝晩眺めながら通勤出来るとは!」など、特に地元民が朗報に沸き立っている。

「福岡旅行行くわ」「こりゃ行きたい!」と遠方のファンも興味津々の様子だが、「札幌にシャア専用ザクIIかナイチンゲールかシャア専用ズゴックかゲルググお願いします!」「羨ましいです 愛知にも来てほしい」「関西圏にもくれよ…」といった誘致の書き込みも多く見受けられた。

関東から東海、近畿、九州まで広いエリアに展開している商業施設「ららぽーと」とのコラボレーションであることから、「全国でガンダムできる流れかな?」と“次の展開”に期待する声もあった。

熱心なファンからの、初めて見る“新機体”のデザインに着目したコメントも目立つ。「放熱板なくなってて草」「しかし、本体背部にフィンファンネルみたいな何か太っとい構造物がチラッと…」「ロングレンジフィンファンネルという新設定の兵装みたいですね」など、ツイッター上で考察や議論が交わされている。

「原理主義者が大騒ぎしそうなデザインやなw」との指摘があるとおり、新しいデザインの受け止めは賛否が分かれているようだ。「カラーリングはオリジナルにして欲しかった」「やはり通常のνガンダム見たかった」など、改変を残念がるつぶやきの一方で、「既存のフィンファンネルじゃ自立難しいだろうし安全面も劣悪になりそうだからしゃーない」「素のνじゃなく、あえての富野氏監修新デザイン&新カラーリング… 今は色々叩かれたとしても、実物見たらぐうの音も出ないヤツだな!」と理解を示すツイ民も。

このほか、「どこかでサザビー作らないかなぁ なんで…ガンダムばっかりなんだ?」「実物大ジオングに圧倒されたい」「こんなに幾つも作ってくれるんだったら、ジオン軍のモビルスーツも見たいよ」など、劇中でガンダムと死闘を繰り広げた歴代のライバル機を実物大化してほしいとのリクエストも散見された。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加