DEEP SQUADも認めた心悠、SNSで広がる美しい歌声と独特の歌詞センス その魅力を紐解く

DEEP SQUADも認めた心悠、SNSで広がる美しい歌声と独特の歌詞センス その魅力を紐解く

  • Real Sound
  • 更新日:2022/08/06
No image

あいみょんはもちろんのこと、昨年の優里の大ブレイクなど、ギターを担いで歌うシンガーソングライターたちの台頭が後を絶たない。今年は「バニラ」がヒット中のきゃないを皮切りに、すでに多くのアーティストが登場し音楽シーンを盛り上げている。今後もこのシーンからいくつもの名曲が生まれることだろう。

TikTokでもハッシュタグ「#弾き語り」は人気で、“未来のスター”たちが日夜オリジナルソングや名曲カバーなどを投稿している。そんななかで注目なのが、心悠(みゆ)だ。

心悠は、愛知県在住、18歳のシンガーソングライター。コロナ禍に自己発信するためにギターを始め、2021年1月よりTikTokに弾き語り動画の投稿を開始。その投稿は『スッキリ』や『ズームイン!!サタデー』(共に日本テレビ系)に取り上げられるなど、すでに各所から注目が集まっている。

心悠が投稿しているのは、スピッツ「チェリー」や斉藤和義「歌うたいのバラッド」といったJ-POPの名曲であったり、エド・シーラン「Bad Habits」、Maroon 5「Memories」などの洋楽のカバーまで幅広い。なかには井上陽水「少年時代」や大瀧詠一「君は天然色」といった彼女の世代ではない名曲などが含まれていることからも、ジャンルに縛られず多様な音楽に親しんでいるのがうかがえる。

https://www.tiktok.com/@miyu_03.0830/video/6989168121798036738?is_from_webapp=1&sender_device=pc&web_id=7081544725156824577

また彼女は、同年4月にTikTokで開催された「#春の歌うま」チャレンジにおいて最優秀投稿にも選出されたことがあった。これがきっかけでアンバサダーを務めたDEEP SQUADとのコラボが実現している(1月22日リリース「2words(心悠ver.)」)。DEEP SQUADと言えば、LDHに所属するコーラスグループで、6人のメンバーが織りなす美しいハーモニーが魅力だ。いわば心悠は、そんな歌のプロ集団から認められた存在と言える。

DEEP SQUAD – 2words【弾き語り -MIYUSIC-】covered by 心悠

今年はYouTube番組『ADEL33』キャスティング&主題歌を担当するなど、徐々に活動の幅を広げており、今後飛躍が期待されるアーティストとして注目されているのだ。

心悠の魅力は、なんと言ってもその歌声の美しさだろう。まるで天使のような透き通るボーカルは、聴いているだけでも癒しを感じる。時おり聴かせる低い音程でのハスキーな要素もギャップが感じられて良い。18歳という若さならではの、大人と子供の間で揺らぐような儚い歌声とでも言うべきか。高音を切なく歌い上げる姿は、神々しさすら感じさせてくれるものがある。

心悠 – ミヤコワスレ【Lyric Video】

たとえば、今年4月にリリースした初のオリジナル曲「ミヤコワスレ」でもその歌声は存分に味わえる。作詞作曲を自身が担当し、アレンジャーには新進気鋭の音楽プロデューサー・maeshima soshiを迎えたこの曲は、別れや卒業をテーマにしたバラード。シンプルなピアノの伴奏から始まる序盤から少しずつサウンドが広がりを見せ、そのなかでサビで聴ける抜けるようなファルセットが心地いい。彼女の歌声の魅力が非常によく表れている楽曲だ。

そんな心悠が、7月27日に待望の新曲「ナイトキャップ」を配信リリースした。

本作は、別れ際の女性の内面を描いた失恋ソング。タイトルの「ナイトキャップ」とは、寝る前に飲む“最後の一杯”を意味する言葉で、終わりを迎えた恋にいつまでもすがる気持ちが込められてる。歌い出しの〈あなたが褒めたこの髪色 変えられないんだ〉という未練がましさを感じるフレーズが印象的で、それを暗い雰囲気で歌う彼女の表現力が見事だ。

また、〈69デ74〉と書いて“ろくでなし”と読ませるなど彼女のワードセンスも面白い。こうした作詞面の特徴も心悠の魅力だ。

心悠 – ナイトキャップ【Music Video】

前作でアレンジを担当していたmaeshima soshiは今作でもプロデュースで参加。それによってハンドクラップや力強いビートをふんだんに用いたリズミカルなナンバーに仕上がっている。彼女のTikTokには名曲カバーのほかにKep1er「WA DA DA」やリアーナ「Rude Boy」のダンス動画も投稿しているため、「ナイトキャップ」のダンスも期待したいところである。

たぐいまれな美しい歌声と、独特の歌詞センスが魅力の心悠。ステージに立つだけでなくSNSを駆使して人気を集める姿は、従来とは違ったセンスを見せているZ世代ならではのものだと感じる。彼女が繰り出す今後の活動から目が離せない。

■リリース情報
心悠(みゆ)
2ndデジタルシングル「ナイトキャップ」
2022年7月27日(水)各配信サイトにてリリース
配信:https://miyu.lnk.to/Nightcap

■関連リンク
TikTok:https://www.tiktok.com/@miyu_03.0830?
YouTube:https://www.youtube.com/channel/UC6Rgo7Hmrm4Gk9jMkGO2q-g
Instagram:https://www.instagram.com/miyu_03.0830/
Twitter:https://twitter.com/miyu_officia1

荻原梓

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加