島根県 コロナ陽性者が療養先調整中に死亡 山陰では初めての事例

島根県 コロナ陽性者が療養先調整中に死亡 山陰では初めての事例

  • 日本海テレビ
  • 更新日:2022/08/06
No image

島根県は6日に緊急の記者会見を開き、新型コロナの陽性者1人が療養先調整中に自宅で亡くなったと発表した。山陰両県で療養先調整中に患者の死亡が確認されたのは初めて。死因は調査中だが、県は療養先決定までのマニュアルを見直すことにしている。

島根県は6日に緊急の記者会見を開き、新型コロナの陽性者1人が

療養先調整中に自宅で亡くなったと発表した。山陰両県で療養先調整中に患者の死亡が確認されたのは初めて。

島根県感染症対策室 田原研司室長:「陽性判明後、療養先調整中に亡くなった」

島根県によるとこの患者は高齢で基礎疾患があったが、4日に陽性が判明した時点では軽症だったという。

患者は自宅待機をしていて、5日午前中には療養先が決まるはずだったが、5日朝に同居する家族が息をしていないことに気付いたという。

死因は調査中だが、県は今後療養先決定までのマニュアルを見直すことにしている。

島根県内での陽性者は死亡は50例目になる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加