サッカー=ブラジルがセルビアに快勝、リシャルリソンが芸術弾

サッカー=ブラジルがセルビアに快勝、リシャルリソンが芸術弾

  • ロイター
  • 更新日:2022/11/25

[ルサイル(カタール) 24日 ロイター] - サッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会は24日、各地で1次リーグの試合を行い、G組のブラジルはセルビアに2─0で快勝した。

No image

サッカーのW杯カタール大会は24日、各地で1次リーグの試合を行い、G組のブラジルはセルビアに2─0で快勝した。写真はリシャルリソン(中央手前)が芸術的ゴールを決めた場面(2022年 ロイター)

ブラジルはネイマール、ビニシウス・ジュニオール、ラフィーニャ、リシャルリソンと4人のFWを先発起用し、試合を支配。セルビアも粘り強い守備で耐えたが、後半17分にビニシウスのシュートが相手GKに弾かれたこぼれ球をリシャルリソンが押し込んでブラジルが先制した。

ブラジルはさらに同28分、ビニシウスが右足アウトサイドのキックでクロスを入れ、リシャルリソンが左足のトラップで頭上にボールを浮かすと、続けざまに右足のバイシクルシュートをたたき込む芸術的ゴールを決めた。

2得点を決めたリシャルリソンは「チチ監督から『君にはゴールの嗅覚がある』と言われたが、まさにその通りになった。素晴らしい夜、美しい勝利。目標を達成するまであと6試合」と述べ、優勝を見据えた。

ブラジルは白星で幸先のいいスタートを切ったが、ネイマールがタックルを受けて足首を痛め、後半34分に負傷交代となるアクシデントがあった。チチ監督はネイマールについて、大会絶望のけがとは考えていないと話した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加