<結婚後の悲劇>「病気の妻」を愛してた!という夫。回復したら【離婚】え、一体なんで?

<結婚後の悲劇>「病気の妻」を愛してた!という夫。回復したら【離婚】え、一体なんで?

  • fashion trend news
  • 更新日:2022/11/25
No image

端から見たら「お世話するの大変だろうな」と思うほど重病の妻。そんな妻に必死で尽くす夫。元気になったらハッピーエンド・・・のはずが?

No image

複雑な家庭環境の幼なじみ

子供の頃、近所に住んでいたA子さんは小学生の時から情緒不安定。噂では両親に問題があるとの事でした。
中学生になると激やせしてしまい、病院に通うように。

[ 関連記事を読む - ltn ]

両親はA子さんがおかしくなっても知らん顔。
A子さんは、高校を卒業する頃には重度のうつ病になっていました。

まさかの結婚

卒業後、就職したものの長続きせず、入退院を繰り返していたA子さん。
周りの人達は皆、A子さんは一生、独身のままだと思っていました。

ところが23歳の時、短期バイトに行った会社の男性がA子さんに一目ぼれ。
周りは大反対でしたが「A子は俺が守る」と結婚。

結婚しても、A子さんの病状は変わらず、救急車騒ぎと入退院の繰り返し。
そして、そのまま、十数年が過ぎました。

両親が他界したら別人のように元気に

A子さんの両親が相次いで病気になり、呆気なく他界。良くない親だったとは言え、しばらくは落ち込んでいたA子さん。

ところが1年が過ぎると別人のように明るくなりました。
「もう親に振り回されなくて良いんだ」
元気になったA子さんは就職。新しい友達もできました。

周りの人達は「ご主人、喜んでるでしょうね」と思っていたら・・・。

愛し方は人それぞれ

「離婚する事になったの」と言うA子さんに、ポカン。
夫にとって元気なA子さんは別人。「僕の好きになった人ではない」と言われたそうです。
A子さんも「他に生きる道がなくて結婚しただけ」と気付いて、離婚に同意。

男性には「守りたい」という本能があると言われています。A子さんの夫は守らなくて良い存在には愛情を持てないタイプだったのかもしれません。
一生連れ添う相手を見つけるというのは、思いの外難しいようです。

ftnコラムニスト:kanonmaru

【ltnライター】kanonmaru

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加