渋野日向子 笑顔復活!今季自己最高3打差4位スタート 2日目は「粘り強く」

渋野日向子 笑顔復活!今季自己最高3打差4位スタート 2日目は「粘り強く」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2020/11/25
No image

笑顔を見せラウンドする渋野日向子(左)と古江彩佳(撮影・山口登)

「女子ゴルフ・大王製紙エリエール・レディース・第1日」(19日、エリエールGC松山=パー71)

19年覇者の渋野日向子(22)=サントリー=が3バーディー、ノーボギーの68で回り、今季国内5戦目で自己最高となる首位と3打差、4位でのスタートとなった。

たった1年前のことだが、懐かしい感覚が、復調を予感させた。渋野は「ショットが荒れていたので」と大きめの減点をしつつ「45点」と、今季としては高めの自己採点で初日のラウンドを振り返った。

3バーディー、ノーボギー。スタート間もなくの11番パー5では2オンに成功しながら3パットのパー。しかしそれ以降、長めのパーパットもしっかり沈めつつチャンスを待ち、15、17番でバーディー。折り返して7番でも6メートルのフックラインを読み切って、3つ目のバーディーを奪い、笑顔でのホールアウトとなった。

19年、自身4勝目を挙げた同大会。最終日は2打差を追いかける展開から、6バーディー、ノーボギーでの逆転優勝を果たし“シブコイヤー”を強烈に印象づけた。

その頃の代名詞はスマイル。しかし今季、不調で国内では2戦連続予選落ちなど、次第に笑顔が減っていき、耐えるべきところでスコアを落とした。

しかしこの日は「大親友の大里桃子と、古江ちゃんと。和気あいあい、盛り上げて」のラウンドで、本来の笑顔を取り戻した。それが、好プレーを呼んだ。

11番は「かなりバーディーを取りたい気持ちが強かった」と言いながらの3パット。それでも「気持ちをコントロールできていた」と言う。続く12番、2メートルのパーパットも落ち着いてラインを読み、思い通りのストロークできっちり沈めることができた。

このところ悩まされている右足裏の痛みも、消えてはいない。通常のショットも「かばいながらのスイング」になってしまう。それでも「無駄な動きが減る面もある。今日の縦距離は(以前と)変わってなかったですね」と、良好なメンタルが飛距離を取り戻すきっかけにもなった。

今季4戦中3度、2日目にスコアを崩している。「粘り強くいきたいですね」と渋野。2日目も同じメンバーだ。笑顔で優勝をもぎ取った19年の再現を感じさせるスタートとなった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加