鉄腕・山口コーチを一軍昇格、巨人・原監督の「真意」とは

鉄腕・山口コーチを一軍昇格、巨人・原監督の「真意」とは

  • ココカラネクスト
  • 更新日:2021/07/20

あの鉄腕が帰ってくる。巨人が新たなコーチ人事を発表、現役時代には9年連続60試合登板を果たすなど『鉄腕』として知られた山口鉄也二軍投手コーチ(37)が一軍に配置転換となった。

No image

・今すぐ読みたい→
巨人・小林誠司に課せられた「ある使命」とは https://cocokara-next.com/athlete_celeb/seijikobayashi-mission/

首位阪神を追撃するためにも、投手陣の整備は急務だ。エースの菅野がコンディショニング不良で現在は今季4度目の登録抹消中、前半戦最終戦となる14日のヤクルト戦では登板した9投手が13四球を出す失態もあった。同記録は85年7月30日の広島戦で記録した15四球に次ぐ、球団史上2位のワースト記録。五輪期間中断中に戦力を立て直し、来月13日からのリーグ戦再開でリ・スタートダッシュをかけたいと考えている。

戦力立て直しにおいて白羽の矢が立てられたのが山口コーチだった。同コーチといえば「育成の星」として知られる。2005年、メジャーリーグのダイヤモンドバックス傘下から巨人の入団テストを経て、育成ドラフト1位で入団。入団前の浪人期間中は地元横浜の公園で壁当てなどを行うことで実戦感覚を失わないように務めたことも有名だ。「プロ入り後は入団当時の小谷正勝投手コーチから薫陶を受け、必死に技術を磨いた。プロ野球記録ともなった9年連続60試合登板の鉄腕ぶりは並ではない。育成出身とあって、そのあたりのハングリー精神も若い選手に伝えてもらいたいと思っているのではないか」(放送関係者)と一種のカンフル剤として期待しているというのだ。

さらに原監督のある思惑を指摘する声も。今季が契約最終年となる同監督は「次世代のリーダー育成」を主眼に日頃から動いている。今回の人事についても「(現コーチ陣の中心は)若い人たちだから経験を。やっぱり一軍で実弾が飛び交っているところというのはある」と説明。今後の指導者人生のために経験値を高めてほしいと願っているという。

最近では21日に東京ドームで3チームに分かれて行われる異例の紅白戦「リアルジャイアンツカップ」に関する発言も注目を集めた。元木ヘッドコーチ率いる元木軍、阿部二軍監督率いる阿部軍、二岡三軍監督率いる二岡軍が激突。原監督は日テレジータスで放送される同試合の見どころを「3人の指揮官がどういうチームを構成し、どういうオーダーを組み、どういう作戦で戦うのか。ぜひファンの皆様にご覧いただき、『原よりも素晴らしい』ということがあるのならば、私は彼らに席を譲ります、笑」と独特のユーモアを交えながらも『禅譲モード』を全面に示したのだ。

この発言には球界内で少なからず衝撃が走った。「正直驚いた。ただああいった発言をするということは『分かっているだろうな、一緒にいられる時間は短いんだぞ!』といよいよ選手、コーチ陣を含めて、原イズム継承の最終段階に入ったということでしょう。今回の山口コーチの昇格もその意図が含まれているものではないでしょうか」(球界関係者)と原監督の「真意」を解説してみせた。

目指す優勝に向け、よりし烈になる後半戦の戦いにおいてそばに置くことで、自身の野球観をしっかり伝えておくのが狙いと見る。

巨人軍監督としての戦績はすでに川上哲治元監督を越え、歴代最多記録を更新し続けている。9度のリーグ優勝、3度の日本一を成し遂げるなど、その手腕は確かなものとして知られるだけに、今後は後継者選びの本格化、禅譲モードにさらに拍車がかかりそうだ。

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]

CocoKARA next

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加