韓国メディアが侍ジャパン有利を指摘!WBC準々決勝のスケジュールに異議「韓国の休養は1日だけ」

韓国メディアが侍ジャパン有利を指摘!WBC準々決勝のスケジュールに異議「韓国の休養は1日だけ」

  • THE DIGEST
  • 更新日:2023/01/25
No image

韓国球界からワールド・ベースボール・クラシック(WBC)のスケジュールに対し、不満の声が挙がっている。

3月8日から開幕する第5回WBC。1次ラウンド「プールB」に入った日本は韓国、オーストラリア、中国、チェコと準々決勝進出を懸けて戦う。日本の初戦は9日、中国と対戦する。

WBC公式サイトは準々決勝以降の日程を更新し、日本は1次ラウンドを通過した場合、準々決勝は1次ラウンドの順位(1位もしくは2位)に関係なく、プールAを勝ち抜いたチームと3月16日に東京ドームで対戦。もう一方のプールA対プールBによる準々決勝は3月15日に東京ドームで行なわれる。

WBCは日本だけでなく韓国でも注目度は高まっており、韓国メディア『news1』は現地23日にWBCの特集記事を掲載した。記事のなかで、同メディアは準々決勝の日程に注目。発表されたスケジュールが、侍ジャパンに有利に働いているのではないかと指摘している。

『news1』は韓国が1次ラウンドを突破した場合、準々決勝は日本より1日早い3月15日に行ない、日本が準々決勝に進出した場合は3日間の休養が与えられていると指摘したうえで、「韓国は1次ラウンドの順位に関係なく休養は1日だけだ」とスケジュールの不公平さを訴えている。
さらに、プールBの1・2位と準々決勝を行なうプールAの1・2位も日本の1次ラウンドの成績によって日程が変更されると同メディアは指摘。日本がプールBを1位通過すればプールAの2位が、日本が2位通過ならばプールAの1位がより多くの休養日を受けることになると言及している。

韓国は今大会、ダルビッシュ有(サンディエゴ・パドレス)のチームメイトであるキム・ハソン、チェ・ジマン(ピッツバーグ・パイレーツ)、韓国系アメリカ人のトミー・エドマン(セントルイス・カーディナルス)といった3人のメジャーリーガーを招集。国内組では、元中日イ・ジョンボム氏の息子で、昨シーズンMVPに輝いたイ・ジョンフや東京五輪で4番を務めた強打者カク・ベクホなど実力者を揃え、初の世界一へ並々ならぬ意欲を示している。

韓国メディアから噴出した思わぬ物言いだが、それだけWBCに懸けるモチベーションがより一層高いとも言える。はたして侍ジャパンは、難敵が揃った1次ラウンドを勝ち抜くことはできるのだろうか。火花散る日韓戦は、10日に激突する。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】「かなり気に入っている」ダルビッシュ有はもう準備万端!? WBC用の新グラブに喝采の声「世界一頼みます!」

【関連記事】侍ジャパンが「史上最高」。米敏腕記者が日本の快進撃を期待する理由「オオタニはWBCで最大の目玉となる」

【関連記事】「最強打者=4番打者」という日本の価値観ではない起用法を。大谷翔平の二刀流、WBCでの“理想の使い方”を考察

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加