【ロッテ】51年ぶりとなるM9点灯! 佐々木朗希が158キロ連発で6回無失点の好投

【ロッテ】51年ぶりとなるM9点灯! 佐々木朗希が158キロ連発で6回無失点の好投

  • スポーツ報知
  • 更新日:2021/10/14
No image

◆パ・リーグ オリックス1―6ロッテ(14日・京セラドーム大阪)

勝てばマジック9が点灯する重要な1戦。先発の佐々木朗が6回5安打無失点8奪三振の好投でマウンドを下りた。

初回に3点のリードをもらうと、1軍戦最速タイとなる158キロを連発。力強い直球にフォークがさえわたり、6回までオリックス打線に三塁を踏ませなかった。

打線はオリックスの先発・宮城から3回までに5点を奪う猛攻。左腕を5回でマウンドから降ろした。

ロッテは7回から唐川が2番手で登板。さらにハーマン、東妻のリレーで6―1で勝ち、優勝マジック9を点灯させた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加