ACL日韓首位対決は蔚山現代に軍配!川崎はPK戦に泣く...写真で振り返る決勝T1回戦【PHOTO】

ACL日韓首位対決は蔚山現代に軍配!川崎はPK戦に泣く...写真で振り返る決勝T1回戦【PHOTO】

  • スポーツソウル日本版
  • 更新日:2021/09/15

9月14日、韓国の蔚山文殊サッカー競技場で行われたアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)決勝トーナメント1回戦の蔚山現代(ウルサン・ヒョンデ)対川崎フロンターレ。

Kリーグ1で1位の蔚山現代とJ1リーグで1位の川崎による“日韓首位対決”は90分間で勝敗つかず、延長戦までもつれ、最後はPK戦で決着をつける死闘となった。

PK戦では両チーム2人目のキッカーが失敗すると、川崎GKチョン・ソンリョン(36)が蔚山現代3人目のFWイ・ドンジュン(24)のシュートをセーブ。これで川崎が一歩リードしたかに思えたが、川崎4人目のMFジョアン・シミッチ(28)が外したのに続き、5人目のFW家永昭博(35)のシュートを蔚山現代GKチョ・ヒョヌ(29)が防いだ。

そして、最後は蔚山現代5人目のMFユン・ビッカラム(31)が冷静に沈め、ディフェンディングチャンピオンの蔚山現代が準々決勝進出を果たした。

ここでは、蔚山現代と川崎の試合の様子を写真で振り返る。

【関連】「ベスト4で戦うべきだった」蔚山現代ホン・ミョンボ監督が敗れた川崎を称える

No image

(写真提供=韓国プロサッカー連盟)蔚山現代の先発出場メンバー

No image

(写真提供=韓国プロサッカー連盟)試合前、川崎GKチョン・ソンリョンに笑顔を見せる蔚山現代GKチョ・ヒョヌ

No image

(写真提供=韓国プロサッカー連盟)左から川崎DF山根視来、蔚山現代DFブルタイス、FWオ・セフン、川崎MFシミッチ

No image

(写真提供=韓国プロサッカー連盟)川崎GKチョン・ソンリョン

No image

(写真提供=韓国プロサッカー連盟)川崎率いる鬼木達監督

No image

(写真提供=韓国プロサッカー連盟)蔚山現代FWイ・ドンジュン(左)と川崎DF山村和也

No image

(写真提供=韓国プロサッカー連盟)蔚山現代率いるホン・ミョンボ監督

No image

(写真提供=韓国プロサッカー連盟)蔚山現代FWイ・ドンジュン(左)と川崎DF登里享平

No image

(写真提供=韓国プロサッカー連盟)蔚山現代GKチョ・ヒョヌ

No image

(写真提供=韓国プロサッカー連盟)蔚山現代MFイ・チョンヨン(左)と川崎FW知念慶

No image

(写真提供=韓国プロサッカー連盟)延長戦に向けて選手に指示を送る蔚山現代ホン・ミョンボ監督(中央)

No image

(写真提供=韓国プロサッカー連盟)ホン・ミョンボ監督(左端)など、PK戦を見守る蔚山現代のスタッフと選手

No image

(写真提供=韓国プロサッカー連盟)PK戦前、主審から説明を受ける蔚山現代GKチョ・ヒョヌ(左)と川崎GKチョン・ソンリョン

No image

(写真提供=韓国プロサッカー連盟)PK戦勝利の瞬間の蔚山現代の選手たち

No image

(写真提供=韓国プロサッカー連盟)GKチョ・ヒョヌ(左から2番目)に抱き着くGKチョ・スヒョク、MFウォン・ドゥジェ、FWキム・ジヒョン

No image

(写真提供=韓国プロサッカー連盟)歓喜に沸く蔚山現代の選手たち

No image

(写真提供=韓国プロサッカー連盟)PK戦で4人目のキッカーを務めた蔚山現代FWユン・イルロク(中央)

No image

(写真提供=韓国プロサッカー連盟)PK戦勝利に歓喜する蔚山現代の選手たち

No image

(写真提供=韓国プロサッカー連盟)試合終了後、記念写真を撮る蔚山現代の選手とスタッフ

なお、ACL東地区の準々決勝と準決勝は、来る10月17日から20日にかけて、いずれも韓国の全州(チョンジュ)で集中開催される予定だ。

スポーツソウル日本版

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加