大体大に杉本あり 関西国際大を完封し、優勝争い踏みとどまる 阪神大学野球

大体大に杉本あり 関西国際大を完封し、優勝争い踏みとどまる 阪神大学野球

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/05/05

◇阪神大学野球 第5節 大体大2ー0関西国際大(2021年5月4日 ほっともっとフィールド神戸)

No image

<阪神大学野球 関国大・大体大> 大体大先発・杉本は完封勝利(撮影・平嶋 理子)

大阪体育大学の杉本壮志投手(3年)が、4月10日の神戸国際大戦に続き、今春2度目の完封勝利を飾った。「今リーグ戦は打線があまり点を取れていないので、何とか踏ん張ろうと思って投げました」。左腕から繰り出すストレート、カーブ、スライダー、カットボール、チェンジアップを駆使。関西国際大打線に安打を許しながら粘り強いピッチングでリードを守り切った。

今リーグ戦は、関西国際大、天理大、甲南大と新型コロナ関係での出場辞退が続き、優勝争いは大混戦の様相を呈してきた。大阪体育大学は、試合消化が少ないものの、今後の勝敗いかんでV争いに加わることは十分に可能。杉本は「防御率を上げ、チームの勝ちに貢献できるように頑張りたい」と話した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加