野球メキシコ代表 2選手が新型コロナ陽性で、広島との親善試合が中止

野球メキシコ代表 2選手が新型コロナ陽性で、広島との親善試合が中止

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/07/22
No image

マツダスタジアム

広島は21日、東京五輪に出場する野球メキシコ代表との親善試合(24、25日)の中止を発表した。

来日前に、同国代表の2選手が新型コロナウイルスの有無を調べる検査で陽性判定を受けた。

当初は来日後、広島県三次市で事前合宿を行い、広島との試合を予定していた。陽性者が判明したことを受け、三次市がメキシコ関係者、広島県と対応を協議した結果、メキシコ五輪委員会が事前合宿の中止を決定した。

メキシコは1次リーグで日本と同じA組。30日にドミニカ共和国と初戦を迎え、日本とは31日に対戦する。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加