27万円の価値あり!トリプルガラスの窓をオプションにして家づくりに満足

27万円の価値あり!トリプルガラスの窓をオプションにして家づくりに満足

  • ESSE-online
  • 更新日:2022/08/06

家づくりで悩ましいのが、オプションをどうするか。ワンランク上の高性能の建材設備に変更すると、快適性は上がるものの金額もアップ。判断に迷う人も多いでしょう。3年前に大手ハウスメーカーで家を建てた日刊住まいライターは、オプションで窓をトリプルガラスに変更。これが大正解でした。その理由を語ります。

No image

トリプルガラスの窓にすると、住宅の断熱性能もアップ!

冬でも暖かく1年じゅう過ごしやすい家を建てたい

筆者は3年前に家を建てました。家づくりを検討し始めた当時住んでいた中古住宅の窓は、アルミサッシの単層ガラス。築20年以上の家。新築当時はそれが普通だったのでしょう。

この記事のすべての写真を見る

筆者の住んでいる長野県では、冬はマイナス10℃以下になることもしばしば。住んでいた古い家では、寒さの底となる1月下旬になると、室内でも気温がマイナスになることも。そんな環境のなかで、幼い子ども2人とネコ2匹と生活していました。

ハウスメーカーの住宅展示場を訪れたとき、初めてトリプルガラスの窓を知りました。モデルハウスにサンプルがあり、「これはなんですか?」と営業マンに食いついたのです。

ペアガラスは知っていましたが、トリプルガラスの窓の存在は、筆者には衝撃でした。そしてこの窓ならきっと暖かい家がつくれる、という思いが生まれました。

27万円の増額で窓をペアからトリプルガラスに!

No image

新築を建てるなら、窓はトリプルガラスの窓に。そう思いながら家づくりをスタート。

しかし、窓の標準仕様はペアガラスです。オプションだと費用が大幅にアップするのではと不安でしたが、打ち合わせで通常の金額よりも安く、トリプルガラスの窓に変更できることがわかりました。

実際にかかった費用はプラス27万円ほど。通常だとペアガラスの倍ほどの値段になるそう。差額が100万近くなることもあるそうですが、27万円でトリプルガラス窓の家が手に入ったのはとても幸運でした。

夏の日差しを和らげ、室内温度の上昇を軽減!

No image

隣家のプライバシー保護のため、画像に処理を加えています

トリプルガラス窓は断熱性能が高いため、外気温を室内に伝わりにくくしてくれます。長野県は涼しいと思われがちですが、標高が高いため日差しは強く、筆者の地域では35℃を超える日もかなりあります。

そのような酷暑日でも、室内はエアコンなしにもかかわらず28℃以上になりません。筆者宅は南側にさえぎるものがなにもないため、カーテンを併用しながら遮熱しています。

トリプルガラスには「日射取得タイプ」(窓を通じて太陽光を室内に取り入れることで、太陽光の力で部屋の中を温める)と「遮熱タイプ」(断熱はもちろん、明るさを取り込みながらもガラスに当たる日射熱を遮り、室内を涼しく保つ)があるそうです。

筆者宅は寒冷地のため、「日射取得タイプ」のガラスにしました。それでもこれだけの遮熱効果があるで、「遮熱タイプ」を採用すればさらに高い効果が期待できるでしょう。

冬の寒さをしっかり防いでくれる

No image

今の家に住み始めて冬を3回経験しました。暖房を止めると急激に気温が下がっていた以前の家とは比べものにならないほど温度変化がありません。

外気温がマイナス10℃でも、リビングの室温は無暖房でも10℃以下になったことがないです。

以前の家では、朝の室内の気温が0℃くらいまで下がりました。家の中での寒暖差も激しかったのですが、新居ではどの部屋も10℃を下回ることはないです。

また、窓からほとんど冷気を感じません。寒い日に窓の前に温度計を置いて測ったことがありました。外気マイナス10℃近くのときでも4℃ほどでした。以前の家の窓付近には、冷気が気流となって床に降りてくるのがわかるほどでしたので、劇的な差です。

もちろん断熱材や気密などの影響もあるので、すべてが窓による効果ではありませんが、寒い季節でもトリプルガラス窓のある空間に住んでいるという安心感はとても大きいです。

以前は悩まされていた結露が出なくなった!

それまで住んでいた家では、石油ストーブやファンヒーターで暖房していました。石油ストーブ自体が水蒸気を発生しますし、ストーブの上にやかんを置くこともあって、ものすごい結露。毎日窓ふきの日々でした。

いくらふいてもしたたってくるので、結露テープを貼ってしのごうとしたことも。それでも朝には、結露が凍っていました。

そのような環境から新築に引っ越して、結露がほとんど出ないことに驚きました。

新築に引っ越してすぐはエアコンがなかったので、数か月間石油ストーブで暖房していました。そのため室内の湿度はかなり高かったと思います。

寒い時間帯にストーブをたくと、掃き出し窓の下の方がうっすらと白くなることはありましたが、ふくほどの結露は出ませんでした。

現在は暖房をエアコンに切り替えています。結露はまったく出なくなりました。トリプルガラス窓が外気をしっかりと遮断しているのを感じています。

光熱費の軽減や、体への負担を考えると大正解だった!

No image

ペアガラス窓と比べて、トリプルガラス窓の性能がよいのは数字でも示されているので確実です。実際、ペアガラスを採用した家を長野県内に建てた筆者の妹の話を聞くと、寒い日は室内でもひとケタ前半の気温になると言っています。

ペアガラスとトリプルガラスで光熱費にどのくらい差が出るのか比較されている方もおり、年間5000円~2万円ほどという試算です。

この金額をどう見るかはそれぞれ。「こんなに節約できるのか」と思う方もいれば「これじゃ、いつになったら元が取れるのかわからないよ」と言う方もいらっしゃるでしょう。

でも、筆者はつけてよかったと思っています。家全体が一定以下の気温にならないことで、小さな子どもやネコたちの体への負担軽減にもなっているはず。

トリプルガラスの窓を検討されている方の参考になれば幸いです。

髙宮樹莉

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加