萩原みのり、映画『成れの果て』で主演「平穏な日常が狂い出す...」

萩原みのり、映画『成れの果て』で主演「平穏な日常が狂い出す...」

  • MusicVoice
  • 更新日:2021/09/15
No image

萩原みのりが、映画『成れの果て』(12月3日乞うj会)で主演を務めることが決定した。萩原にとって映画主演は『お嬢ちゃん』以来3年ぶりだ。

萩原が演じるのは、8年前のある事件によって心に傷を負い、上京した小夜。その事件に関わった男性が自分の姉と婚約したことを知り、居ても立ってもいられず帰郷。彼女の過激な行動と言動は、周囲の人々をも巻き込み、それぞれの隠された人間性を抉り出していく。

脇を支えるキャストには、「千と千尋の神隠し」の千尋役をはじめ、数々の映画やドラマ、アニメで活躍する柊瑠美、「あの頃。」「21世紀の女の子」など、様々な邦画作品を彩ってきた木口健太、「カメラを止めるな!」のヒロイン役で話題となり「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」などテレビドラマでも活躍中の秋山ゆずき、「全裸監督」「来世ではちゃんとします」などでの個性的な佇まいが話題の後藤剛範ら。

劇作家・映像作家マキタカズオミが主宰する劇団、elePHANTMoonが2009年に上演した同名戯曲が原作。2009年度サンモールスタジオの最優秀脚本賞を受賞した。当時の小演劇界の話題を席巻した傑作が、12年の時を経て映画で甦る。

監督は「gift」「恐怖人形」など数多くの映画やテレビドラマの演出を手がける宮岡太郎。かつてリアルタイムで「成れの果て」の舞台版を観て衝撃を受けた彼が、自主製作映画として完成させた、観た者の心に爪痕を残す衝撃のヒューマンドラマだ。

今回、ポスタービジュアルと特報が解禁となった。「平穏な日常が狂い出す」のテロップと共に、小夜の帰郷を引き金に、隠された人間性が炙り出されていく登場人物たちのショットが連なり、本作の雰囲気をしっかりと伝える特報になっている。

編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加