セブンの「カレーコラボ」にまた傑作が登場。700円なら安いとプロが絶賛

セブンの「カレーコラボ」にまた傑作が登場。700円なら安いとプロが絶賛

  • bizSPA!フレッシュ
  • 更新日:2022/09/23

カレーが熱いコンビニといえばセブンイレブン。夏のカレーフェアでは名店とのコラボ商品で全国のカレーファンを虜にしまくりましたが、開催中の新フェア「関西グルメ巡り」でまたまた華麗なるコラボを決行!

No image

セブンイレブン 戸田本町1丁目店

大阪のスパイスカレームーブメントを牽引する人気店、「旧ヤム邸」監修のカレー弁当が2022年9月6日週に発売になり、再びセブンに通うカレー好きが続出中なんですよね!

自宅で旧ヤム気分に浸るべく、セブンイレブンで購入して食べてみることにしました。

“合いがけ”を再現した贅沢な仕上がりに

2011年に大阪で産声を上げ、現在は大阪・東京・神奈川に7店舗を構える「旧ヤム邸」。「旧ヤム邸監修 スパイスキーマカレー」(税込み702円)は、キーマなどのカレーを合いがけで楽しむことができる同店のメニューを再現するべく、鶏キーマと豚キーマを合いがけにした贅沢なカレー弁当になっています。

No image

「旧ヤム邸監修 スパイスキーマカレー」(税込702円)

カボチャ・パプリカ・紫キャベツなど、少量ながらも副菜を配置し、ビジュアル面でもスパイスカレーらしさをしっかり再現するところは、さすがセブンイレブンですね。

No image

エキゾチックな香りに加えて“大阪らしさ”も

No image

まずは鶏キーマからいただいてみると、クローブを軸にカルダモンやシナモンなどでまとめたエキゾチックな香りが駆け抜けニヤリ! ほんのり出汁っぽい雰囲気があるところにも大阪のエッセンスが感じられます。

挽肉がたっぷり入ったキーマカレーだけでなく、大きなチキンもゴロッと乗っていて食べ応えバッチリ! スプーンがすすむピリ辛仕立てになっているのも嬉しいですね。

逆サイドにあるのは豚キーマで、こちらはクミン、コリアンダーなどを軸にガラムマサラで調えたようなバランス重視の香りチューニングでした。

気がつけば容器は空っぽに!

No image

こちらもほどよく辛みがあり、豚肉ならではの旨味のパンチが口の中で踊ります! 欲を言えばこの豚キーマがもう少し香りのインパクトがあるとさらに高評価だったんですけどね。

以前の記事<セブンが人気カレー店と“過去最高”のコラボ>でも紹介した合いがけの両サイドからキレのある香りで攻めてきた夏の魯珈(ろか)監修カレー弁当が秀逸すぎたので、あそこまで振り切れてくれたら最高だったのですが……。

No image

それぞれを味わったあとは、鶏キーマと豚キーマをほどよく掛け合わせ、紫キャベツやカボチャやパプリカを混ぜ込んでいただくと、スパイスカレーならではの“混ぜて食べる喜び”が!

どちらのキーマにもほどよい辛みがあるので食欲がブーストし、気がつけば容器は空っぽになっていたのでした。

=====

店舗で食べると副菜が豪華だったり、スープ状のカレーも付いてきたりしますが合いがけにするとだいたい1100~1200円くらいなんですよね。702円で“旧ヤム気分”が味わえるなんて、セブンイレブンさんには感謝しかないです!

期間はハッキリとアナウンスされていませんが、いつの間に終わっているのがセブンのフェア。食べ逃す前に早めにチェックしておきましょう。

<TEXT/カレー研究家 スパイシー丸山 編集/ヤナカリュウイチ(@ia_tqw)>

【スパイシー丸山】

インド料理からお家カレーまで精通する次世代のカレー研究家。日本野菜ソムリエ協会カレーマイスター養成講座講師。レシピ、食べ歩き、商品情報など、カレーにまつわるさまざまなトピックを日々発信している。著書『初めての東京スパイスカレーガイド』ブログ:カレーなる365日Twitter:@spicy_maruyama

bizSPA!フレッシュ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加