オリックス-日本ハムが警告試合 杉本が2打席連続の死球で一触即発

オリックス-日本ハムが警告試合 杉本が2打席連続の死球で一触即発

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2022/08/06
No image

3回、この試合2回目の死球を受け、怒りをあらわにする杉本(撮影・高部洋祐)

「オリックス-日本ハム」(6日、京セラドーム大阪)

オリックスの杉本裕太郎外野手が2打席連続で死球を食らい、両軍が一触即発となった。

三回1死。フルカウントから田中が投じた球は、杉本を直撃。2打席連続&2試合連続で当てられていて、杉本が田中に怒りを爆発させた。

すると、両軍ベンチから首脳陣や選手が飛び出し、一触即発の事態に発展。しかし、新庄ビッグボスは一塁上の杉本へ歩み寄り、謝罪した。杉本は思わず笑顔を浮かべ、事態は収まった。ビッグボスは前夜にポンセから、厳しい内角攻めをされていた次打者の宗とも言葉を交わし、ベンチへ下がった。

なお、この試合は警告試合となった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加