ジョコ 2年ぶり「東京で会おう」

ジョコ 2年ぶり「東京で会おう」

  • tennis365
  • 更新日:2021/07/21
No image

ウィンブルドンでのジョコビッチ : 画像提供 ゲッティイメージズ

男子テニスで世界ランク1位のN・ジョコビッチ(セルビア)が20日にインスタグラムを更新し、24日に開幕が迫った東京オリンピック(日本/東京、ハード)に向け出発したことを報告した。

ジョコビッチは投稿で機内の写真を掲載し「国や国民のためにオリンピックで戦うことを光栄に思う!東京で会おう」と綴った。

オリンピックでは2008年の北京(中国/北京、ハード)で銅メダルを手にしているが、東京大会では初の金メダル獲得を目指している。

また、今季は全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)、全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)、ウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)を制しており、9月に開催される全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード)と今回の東京オリンピックでトロフィーを掲げることができれば、男子テニス史上初の快挙となる。

東京オリンピックの出場に関してジョコビッチは、セルビア代表の公式SNSで「自分の国の代表としてオリンピックに参加することは、何物にも代えがたい気持ち。最高のテニスをしようという気になる」と語っており、2019年に制した楽天・ジャパン・オープン・テニス・チャンピオン シップス 2019(日本/東京、ハード、ATP500)以来 約2年ぶりの東京の舞台に向け意気込んだ。

今大会にはジョコビッチのほかに世界ランク2位のD・メドベージェフ(ロシア)、同4位のS・チチパス(ギリシャ)、同5位のA・ズベレフ(ドイツ)らトップ選手も多く出場を予定している。

No image

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加