台湾「本島への攻撃想定」と警戒 中国 軍事演習3日目

台湾「本島への攻撃想定」と警戒 中国 軍事演習3日目

  • FNNプライムオンライン
  • 更新日:2022/08/07
No image

中国の大規模軍事演習は、3日連続で6日も実施され、台湾側は、台湾本島への攻撃を想定したものだとして警戒を強めている。

台湾の国防部は6日、中国軍の航空機20機と艦船14隻が台湾海峡で演習を行い、「中国と台湾の間の中間線を越えた」と発表した。

こうした動きに対しては、台湾東側の海域で中国軍の監視を行ったと明らかにしたうえで、「台湾本島への攻撃を想定した演習だ」として警戒を強めている。

一方、中国は、3日間の軍事演習の様子を中国メディアを通じて公表するなど、軍事的な圧力を強めている。

また、中国の艦船から、台湾本島沿岸の台湾艦船を監視する写真を公表し、台湾本島のそばで演習していることを誇示している。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加