SUGIZO、3年ぶりオリジナルアルバム『愛と調和』のアートワークなど詳細発表

SUGIZO、3年ぶりオリジナルアルバム『愛と調和』のアートワークなど詳細発表

  • BARKS
  • 更新日:2020/11/22
No image

SUGIZOが12月23日(水)、自身3年ぶりとなるオリジナルアルバム『愛と調和』をリリースする。このたび同作品のジャケット画像および詳細が発表となった。

◆SUGIZO 画像

アルバムのコンセプトは、世界的パンデミックにより疲弊した人々の心にそっと寄り添い、水のように染み渡ってゆく救済のアンビエントミュージック。収録構成は、女性ヴォーカリストによる歌モノ3曲(既発表曲の再ミックス)とインストゥルメンタル新曲7曲の計10曲だ。今作でSUGIZOはサウンド面の過激さや刺激を追い求めることなく、一音一音を慈しむように存分にエコーを効かせたギターを爪弾き、神秘的なシンセサイザー音と融合させている。

重要なインスピレーション源となったのは、縄文文明だ。2020年春、コロナ禍によって歪みが露呈し、分断が加速する利己的な現代社会の在り方に限界を感じたSUGIZOは、対極にある利他的な縄文社会に注目。自然を敬い調和を尊ぶ古代日本人の精神性にこそ、ポストパンデミックの新しい世界の可能性が有るのではないか?と考え、“愛と調和”というテーマを着想した。実際に楽曲をつくり始めたのは7月頃。コンセプトが決まってからは、楽器を持てばまるで植物が芽吹き育っていくかのように、ごく自然に生まれていったと振り返る。

クリーントーンとアコースティックを中心としたギター、シンセサイザー、ヴァイオリンの他、屋久島などでフィールドレックしたリアルな自然音、笙や神楽鈴、役病退散を唱える声明までも取り入れて紡ぎ上げられた神秘のヒーリングミュージック。SUGIZOは八百万の神を祀るメンタリティーにも着目し、パンデミックを生き抜く示唆を受け、日本人であることの誇りをかつてなく強く意識したという。大切にしたのは敵対ではなく愛であり、分断ではなく調和。傷付いた人々を癒し、さらには覚醒を促すような、静謐だが強く生命力に満ちたアルバムが間もなく完成する。

商品形態は“Premium Edition (豪華盤)”と“Regular Edition (通常盤)”の2種類。Regular Editionは1CD+ブックレット20P (ライナーノーツ英訳付き)となり、価格は¥3,300(税込)。Premium EditionはHMV / Loppi限定商品で、2CD+撮り下ろし写真集特別ブックレット付属、価格は¥11,000(税込)だ。

Premium EditionのボーナスディスクとなるDisc2には、2019年7月7日(日)および8日(月)に中野サンプラザホールにて開催された<SUGIZO 聖誕半世紀祭.>から、初日の幕開けを飾ったSUGIZOと谷崎テトラによるアンビエントユニット“S.T.K.”の2005年結成以降初の正式音源となる「Rokkasho」、2日目はSUGIZO×HATAKENのモジュラーシンセサイザーを駆使した即興演奏による「Multiverse Traveler」のライヴ音源が収録される。

また、Premium Editionのブックレットは100ページにおよぶヴォリュームで、内容も充実。屋久島で撮影した写真、レコーディング風景写真、機材リスト、ライナーノーツ英訳、ロングインタビュー、楽曲解説が掲載される。屋久島での撮影はSUGIZOの熱望で写真家・秦達夫氏とのコラボレーションが実現ししており、モノクロのキーヴィジュアルも秦氏によるものだ。アルバム予約受付の開始日時・受付方法は追ってアナウンスされるとのこと。

SUGIZOは12月6日(日)および7日(月)、ブルーノート東京にて自身率いる即興プロジェクトSHAGが12年ぶりの再起動ライヴを行う。また、LUNA SEAとしても12月26日(土)および27日(日)にさいたまスーパーアリーナ公演を控えている。去る10月14日(水)の初配信ライヴ<SUGIZO LIVE STREAMING FROM TOKYO EPISODEⅠ~RE-ECHO TO COSMIC DANCE~>にて、「(2021年は)今年の雪辱戦という意味でガンガン動きます」と宣言していたが、年明けを待たずして精力的な活動をスタートしている。

No image

▲『愛と調和』Premium Edition (豪華盤)

No image

▲『愛と調和』Regular Edition (通常盤)

■オリジナルアルバム『愛と調和』

【Premium Edition (豪華盤:2CD 豪華BOX仕様)】¥11,000(TAX IN)
※HMV/Loppi限定商品
▼特典1:Art Photobook B5サイズ
・屋久島撮影撮り下ろし写真集
・レコーディングドキュメント写真集
・ライナーノーツ
・ロングインタビュー&楽曲解説
・レコーディング使用全機材リスト
▼特典2:Bonus Disc
・SUGIZO半世紀聖誕祭オープニングアクトライヴ音源
「S.T.K. / Rokkasho from HALF CENTURY ANINIVERSARY FES.」
「SUGIZO×HATAKEN / Multiverse Traveler from HALF CENTURY FES.」

【Regular Edition (通常盤:1CD+ブックレット(ライナーノーツ付き)】¥3,300(TAX IN)

▼Disc 1
01. Nova Terra
02. Childhood’s End
03. A Red Ray feat. miwa
04. 追憶
05. ENDLESS ~闇を超えて~ feat. 大黒摩季
06. The Gates of Dawn
07. Mindfulness
08. CHARON ~四智梵語~
09. 光の涯 feat. アイナ・ジ・エンド(BiSH)
10. So Sweet So Lonely

▼Disc 2 ※Premium Edition特典 Bonus Disc
1. S.T.K. / Rokkasho from SUGIZO HALF CENTURY ANNIVERSARY FES.
2. SUGIZO×HATAKEN / Multiverse Traveler from SUGIZO HALF CENTURY ANNIVERSARY FES.

■公演<SUGIZO's SHAG>

2020年12月6日(日) BLUE NOTE TOKYO
・1st:open16:00 / start17:00
・2nd:open19:00 / start20:00
2020年12月7日(月) BLUE NOTE TOKYO
・1st:open17:30 / start18:30
・2nd:open20:30 / start21:15

■チケット■
▼会場でのご観覧
¥9,000(税込)
※12月7日(月)2nd Show は配信用のライヴ撮影を予定しています。
・サイドエリア L [1~2名様] 1名様 ¥9,000(税込)
・サイドエリア R [1~3名様] 1名様 ¥9,000(税込)
・カウンター[1名様] ¥9,000(税込)
・ボックスシート センター [6名様] 1名様 ¥12,300(税込)
・ボックスシート センター [4名様] 1名様 ¥12,300(税込)
・ボックスシート ペア [2名様] 1名様 ¥12,300(税込)
・ペアシート センター [2名様] 1名様 ¥11,750(税込)
・ペアシート L/R [2名様] 1名様 ¥11,750(税込)
・サイドボックス [2名様] 1名様 ¥11,200(税込)
・サイドソファー [1名様] 1名様 ¥10,100(税込)
・アリーナシート [1~2名様] 1名様 ¥10,100(税込)

▼配信でのご観覧
・一般:¥3,000(税込)
・Jam Session会員:¥2,000(税込)
※アーカイブ配信視聴期間:2020年12月10日23:59まで

▼先行予約
・Jam session会員先行予約:2020年11月11日(水) 12:00~
▼一般予約
・ブルーノート東京 INET:2020年11月14日(土) 12:00~
・ブルーノート東京 電話:2020年11月16日(月) 12:00~
(問)BLUE NOTE TOKYO 03-5485-0088

■配信プラットフォーム■
・ぴあ PIA LIVE STREAM
・e-plus streaming+
・ZAIKO

関連リンク

◆SUGIZO オフィシャルサイト
◆SUGIZO オフィシャルTwitter
◆SUGIZO オフィシャルFacebook
◆SUGIZO オフィシャルInstagram
◆SUGIZO オフィシャルYouTubeチャンネル
◆SUGIZO オフィシャルニコニコチャンネル「SugizoTube」

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加