「なぜ自分は出られなかったのか」。負けず嫌いな久保建英を象徴するエピソード【東京五輪代表のルーツ探訪・前編】

「なぜ自分は出られなかったのか」。負けず嫌いな久保建英を象徴するエピソード【東京五輪代表のルーツ探訪・前編】

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2021/07/21
No image

サッカーダイジェスト最新号は好評発売中。

No image

U-12ジュニアサッカー・ワールドチャレンジ2013では、バルサ優勝の立役者のひとりに。写真:(C)Getty Images

No image

16年のJユースカップ3回戦のひとコマ。久保は名古屋を相手に確かな技術を見せつけた。写真:(C)J.LEAGUE

東京五輪で悲願の金メダル獲得を目指すU-24日本代表。全世界注目の戦いに挑む彼らは、この大舞台に辿り着くまでどんなキャリアを歩んできたのか。

ここでピックアップする久保建英は13歳の時にクラブのある違反行為によりFCバルセロナ(下部組織に在籍)を退団し、失意の帰国を余儀なくされた。しかし、その後に在籍したFC東京では最高の仲間にも恵まれ──。非常に濃密で、掛け替えのない4年間を過ごすことになる。

――――――――――――◆―――――――――――――◆――――――――――

2014年4月、18歳未満の外国人選手獲得・登録でFCバルセロナの違反が発覚。対象選手のひとりだった当時12歳の久保建英(バルサのカンテラ=下部組織所属)は、FIFAの規定により4年間の公式戦出場停止処分を科せられた。結果、翌15年3月にバルサ退団を決意し、失意の帰国を余儀なくされた。

ショックの大きさは想像に難くない。事実、それから4年後──19年6月29日のFC東京対横浜F・マリノス戦のあとに行なわれた壮行セレモニー(同年6月14日にレアル・マドリ―への移籍が決定)で、本人も「(帰国後、)最初はあんまり練習とかも行きたくなくて結構辛い時期もありました」とコメントしている。

しかし、久保は壮行セレモニーで同時にバルサ退団後の所属先となったFC東京に感謝の意を述べた。

「(FC東京U-15)むさしに入って、そこで皆が仲良くしてくれて、飛び級でユースに上がり、ユースの皆も仲良くしてくれた。そのあとトップチームに上がって、そこでも皆に助けてもらって今の自分がある」

仲間がいたから──。15年5月に久保(13歳)が入団したFC東京U-15むさしで当時コーチだった京増雅仁も、「建英はチームメイトに恵まれた」と述懐している。

「アンダー世代の代表などで一緒にやっていた選手もいて、チームに溶け込むのは割と早かったです。メディア対応ではしっかりした印象の建英も、仲間内では子どもらしいというか、飾らない性格で誰とも気兼ねなく話していました。入団した当初からひとつ上の学年の子と練習させることが多かったですが、そこでも物怖じせずプレーしていました」
バルサの下部組織でやっていただけあって、トータル的な技術は秀逸。当然ながらフィジカル的な見劣りはあったものの、「年上の子のグループに入れてもテクニックはトップレベルだった」(京増)。サッカーと向き合うメンタリティも備えていて、ピッチ上では年上でもお構いなく呼び捨てで呼んでいた。

「誰にも負けたくない。絶対にプロになるという意思の強さが建英にはありました」(京増)

大の負けず嫌い。そんな久保のスタンスを象徴するエピソードを京増は教えてくれた。

「1回、建英をレギュラーから外したことがあって。その時、本人に呼ばれてこう言われたんです。『なぜ自分は出られなかったのか』って。サッカーをよく知っていて、常に試合に絡みたいという欲求が彼を突き動かしたのでしょう。結局、なんだかんだ1時間くらい話しました。サッカーに懸ける想いは本当に強かったですよ」

この時、久保はまだ中学2年生である。遊びたい盛りの年頃にも関わらず、その心には“信念”という太い柱が立っていた。

「一般論で言えば、ジュニアユースの子たちはみんな真剣にサッカーと向き合って、『プロサッカー選手になりたい』と思っています。でも、この段階ではあくまで夢。どんなプロセスでそこに辿り着くべきか、具体的な方法論は持ち合わせていません。翻って、建英にとってのプロサッカー選手は夢ではなく目標でした。そうなるための段階的な目標も定めていた印象があります」(京増)

FC東京U―15むさしに加入してから約7か月後の16年1月、14歳の久保は飛び級でFC東京U-18に昇格する。「力的には飛び級も当然」というのが京増の印象だった。
新たな環境に馴染むのも、そこまで時間がかからなかった。当時FC東京U-18の監督だった佐藤一樹もこう証言している。

「チームに合流して最初の数日は硬い様子でしたが、1週間も経たないうちに馴染んで“建英ワールド”を作っていました。先輩たちとコミュニケーションを取るのが得意というか、よくしゃべる(笑)。高校生の中に入ってプレーするわけですから最初はスピードや競り合いの部分で分の悪さはありましたが、そこもすぐに修正していました」

ここでも仲間の存在は大きかった。「建英の周りはいつも明るかった」という佐藤の証言からもそれは分かるだろう。

「この先輩ならここまで踏み込んで大丈夫とか、そういう感じで建英はコミュニケーションを取っていました。それぞれのキャラクターによって接する手法を変えるといいますか、決して一方通行ではないから建英の周りはいつも明るかった。なんていうか、その中心にいる彼には華がありましたよね。周りも『おい、タケ』と呼んで、そこからいじったり、楽しく会話したり、良い雰囲気だったのをよく覚えています」

コミュニケーション力以外では洞察力も備えていた。

「目の前で起きている事象の背景に何があるのか、そういうのを感じ取る能力はすごく高かった。練習でもこのトレーニングでは何を求められているか、それを理解したうえであえて裏をかくとか、いろんな発想を持っている選手でしたね。ひと言で建英は賢かったですよ」

そう振り返る佐藤は久保とのコミュニケーションについて、こんなエピソードも教えてくれた。

「私は徐々にルール付けをするトレーニングが個人的に好きで、それをやると建英が『一樹さん、これは2タッチでいきます? オフサイドありにしますか?』とルールを提案してくる(笑)。だから、『タケ、それは次。ルールは少しずつ付け加えていくから、ちょっと待ってろ』と(笑)。そういうやり取りはありましたね」
とにかく自分で考える。中学生にしてサッカーの本質を見抜いているからこそ、チームメイトにも遠慮なく指示を出す。

「建英は決められたルールの中に何か“抜け道”がないか考える子でした。さっきも言ったように、要は裏をかくということです。ルール通りではなく、そこに工夫を凝らす、それが建英です。練習ではそのトレーニングの意図が分からない選手たちにアドバイスしたり、(紅白戦では)『こういうポジショニングをすれば、もう少し楽にボールを動かせるじゃん』と具体的に指示したりしていました。ガムシャラにボールを追い続けるのではなくて、抜くところは抜く。そういう賢さがあって、サッカーIQはとても高いなと」

そう褒め称える佐藤も、ユース在籍1年目から久保を絶対的なレギュラーにしたわけではない。例えば16年に大会得点王に輝いたクラブユース選手権(U-18)ではグループリーグから決勝までの7試合でいずれも久保は途中出場だった。その理由を佐藤は次のように述べている。

「90分間の試合に耐えうる総合的な体力と言えばいいんでしょうか、そういうものがまだ足りないように見えました。もちろん技術的には確かなレベルだったので、経験は積ませてやりたい。なので、途中出場という選択を。建英を怪我などで壊してしまっては元も子もない。そういう判断もあって、スタメンでは使いませんでした。まあ、建英は先発したかったと思いますよ。次の年のクラブユース選手権で本人も『昨年は頭から起用してもらえなかったので』という感じで話していましたから(笑)」

16年のクラブユース選手権を制したあと、トップチームへ2種登録された久保は同年11月5日の長野戦(J3リーグ)でFC東京U-23の一員としてJリーグデビューを果たす。そして17年5月に開催されたU-20ワールドカップにも参戦するなどして逞しくなると、同年のクラブユース選手権では準々決勝から決勝までの3試合に先発。2つ年上の原大智(現アラベス)と2トップを組む形でチャンスを演出し、大会連覇に寄与するのだった。<文中敬称略>/後編に続く

取材・文●白鳥和洋(本誌編集長)

※サッカーダイジェスト2021年7月22日号から転載。

【五輪代表PHOTO】あなたもどこかに!?ノエスタに駆けつけた日本代表サポーター!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加